服は洗濯方法を見直すだけで伸びるのを防げるって知ってました?

気に入っている洋服や大事な場面で着るような勝負服を誤った洗濯方法で、伸びてしまって台無しにしてしまったという悲しい経験はありませんか?

私は学生時代気に入っていたTシャツを洗濯の仕方を何も考えずに、とりあえず洗濯機に放り込んでいたのが原因で、台無しにしてしまった苦い経験があります。

デートの時などに活躍してくれていたお気に入りのTシャツだったのでとてもショックでした…。

筆者
やってしまった~。もっと洗濯の時気をつけておけばよかった…。

と落ち込みました。

ですが!今では正しい洗濯の方法を見つけることができたので、洗濯のたびに衣類のダメージを心配するという事はほとんどなくなりましたよ!

洗濯が原因で伸びてしまったという失敗をしてしまったり、洗濯で失敗しないための正しい洗濯の方法を知りたいという方まで、多くの方が満足できるような洗濯の方法を大公開します!

もしこれをお読みのああなたに同じ経験があるのなら、最後まで読んで二度と同じ失敗を繰り返さない術を本気で身に着けていただきたいと思います!

お気に入りの洋服が洗濯で伸びてしまうのを防ぐ方法

大切な衣類を少しでも長く大切に着ていたいですよね!

何も対策をしていないと当然ですが衣類のダメージが大きくなり、すぐに傷んでしまいます。

きちんとした対策をしていれば対策していないのと比べて、段違いに長持ちすること間違いなしです!

洋服が洗濯によって伸びてしまう原因

洋服の汚れを落とすために大切な洗濯ですが、実は対策をしないと洋服がダメージを受ける原因となってしまう可能性が非常に高いのです。

~洗濯機が原因で洋服は伸びてしまう~

実は洋服の汚れを落としてくれる欠かせない存在である洗濯機が、洋服が伸びてしまう大きな原因となっているのです。

そこで皆さんはきっとこう思ったはずです。

男性
え?そんなこと言われても困るんだけど?手で洗えとでも言うの?笑

その気持ちわかります。しかし、安心してくださいね。

洗濯機というのは非常に便利でありがたい存在です。なので洗濯機はしっかりと使いましょう!

じゃあどうすればいいのかというと、私たち人間が工夫すればいいだけなのです!

洋服が伸びるという問題は、私たち人間の工夫次第で案外簡単に解決できるものだという事です!

~洗濯物の量が多くなりすぎると伸びやすい~

洗濯機での洗濯で洋服が伸びるのを防ぐために必要な事として、1度の洗濯で洗濯機に入れる衣類の量は多くなりすぎないように注意することが挙げられます!

1度に大量の衣類を選択してしまうと何がまずいのかというと、洗濯機は中で回転させて汚れを落としているのですが、その際に衣類の量が多すぎると、衣類同士で過度な摩擦が発生してしまうのです。

そしてその摩擦によってあなたの大切な衣類は、ダメージを受けて伸びてしまうのです!

なので一度に洗濯する衣類の量には気を付けましょう!

ちなみ1度の洗濯で適した洗濯物の量の目安は、5Kgです。

人1人の1日の洗濯ものの量の平均が1.5㎏なので、大体3日分といった量なら1度に洗濯しても衣類のダメージになりにくいといえるでしょう。

品質表示札は必ず確認しよう

これは選択する際に最も重要だといえるポイントです!

 

品質表示札をきちんと確認することで確実に衣類の洗濯によるダメージで伸びてしまうのを防ぐことにつながります。

~洗濯品質表示札を把握しておこう!~

家庭での洗濯で洋服のダメージを最小限に抑えるために最も大切な、正しい洗濯の方法を教えてくれるのが洗濯品質表示札です!

一目でわかる洗濯品質表示の基本的な種類のものをわかりやすく表にまとめます!

最低限覚えておきたい洗濯品質表示札一覧
洗濯機での洗濯が可能中の数字は温度を表している。
洗濯機での弱い洗濯が可能
濯機で非常に弱い洗洗濯が可能
洗濯機での洗濯禁止
手洗い洗濯が必要

 

お手持ちの洋服には必ずと言っていいほど、洗濯品質表示札というものがついています。

普段あまり見ない部分でもあるので

男性
うわ…。この表示が何を意味してるのかが分からない…。
といった絶望感が襲ってくるかもしれませんね笑

しかし安心してください。

代表的な洗濯表示には難しそうに見えるだけでパターンがあり、わかりやすいようになっているんです。

違うところといえば洗濯時の水温や洗濯機での洗濯が可能であるかどうか、くらいなので難しいことはありません。

新しく買って初めて洗濯するような場合や正しい洗濯の方法が分からず不安な方は、洗濯の前に必ず目を通して、大切な洋服がダメージを受けてしまうのを防ぎましょう!

このちょっとした確認をして正しい洗濯の方法を実践できるかできないかで、洋服の寿命が延びるのはもちろん、洋服を大切に思う気持ちが増して愛着が湧いてきますよ!

~洗濯機での弱い洗濯って何だ!?~

上の表でもご紹介している洗濯機での弱い洗濯、非常に弱い洗濯というものですが、洗濯機の機能に手洗いモードがあればそちらで洗濯しましょう。

中には手洗いモードを選べない洗濯機も多く存在します。

じゃあそういう場合はどう対策するのかというと、ズバリ脱水の工程を抜くことです!

簡単ですよね!お気に入りの洋服にそう言った表示がある場合はほかの衣類とは別で洗濯をして、「脱水」の工程を抜いて洗濯しましょう!

でもここで1つ抵抗が生まれると思います。

女性
わざわざ1枚のために洗濯するの?もったいなくない!?

おっしゃる通りです。これは現実的ではありません。

そこで登場するのが洗濯ネットです!超便利アイテムです!

洗濯ネットの効果については下で詳しく説明していますのでご覧ください!

それと、個人的な意見ではありますがポリエステル繊維であれば、弱い選択の表示があったとしても脱水アリの洗濯をしても問題ないと思います!

実際、私の持っているポリエステル繊維の洋服は脱水アリで選択していますが、気になるようなダメージが出ていませんから!

~アクリルやウールは洗濯時に工夫が必要~

アクリルやウールといえば冬のファッションで活躍する、セーターやニットなどに使用される繊維として有名です。

この2つの繊維は洗濯時に特に注意が必要だと言われています。

なぜなら、正しい洗濯でなければ簡単に縮んでしまうからです。

洗濯の時点ではセーターは伸びる心配ではなく縮む心配が必要になります。

しかし、これまた難しく干すときには伸びる心配をしなければならないのです。

セーターをそのまま洗濯機に入れて洗濯してしまい、取り出した時には縮みまくりで「もう着れたもんじゃない!」っていう経験はありませんか?

こうなってしまうと回復するのは非常に難しいので、アクリルやウールなどの繊維の衣類のダメージを最小限に抑えて洗う正しい方法を知っておきましょう!

それではウールやアクリルの正しい洗濯の手順を紹介していきます。

  1. 洗面台もしくは湯船にぬるま湯をためてそこに中性洗剤を溶かします。(泡立つ程度)
  2. 衣類を裏返しの状態でたたみます。(衣類に付着して皮脂汚れを落としやすくするため)
  3. 軽く押し洗いします。全体的に抑えていきます。イメージとしては、繊維が水を吸って、吐き出す感じです。大体50回程度。
  4. 押し洗いが終わったら脱水行程として、ニットをくるくると丸めて軽く絞ります。

これでしっかりと汚れを落とすことが可能です。ポイントは優しく扱うことです。

こちらの参考動画もご覧になってください!

 

多少時間かけてやるくらいの意識でやるとうまくいきますよ!

~洗濯ネットは必須アイテム~

ここまで洗濯時に衣類がダメージを受けて伸びてしまわない方法を紹介しましたが、それらを実践するうえで欠かすことのできないアイテムが洗濯ネットです。

洗濯ネットは本当に万能アイテムで、洗濯時の衣類へのダメージをかなり軽減してくれるのです!

私は夏場のほとんどをTシャツで過ごしています。

Tシャツってものによってはすぐに伸びてしまうんですよね。

学生の頃はお金も少なく新しい洋服を買うお金がなかったため、画像のような感じで伸びてしまっているTシャツをいくつも持っていました。

筆者
今思うと相当恥ずかしい…!

そこでどうにかしてお気に入りのTシャツを長持ちさせたいと思って、初めて試みたのが洗濯ネットに入れて洗濯する方法でした。

洗濯ネットを使用するようになってからは、今まで洗濯の回数を重ねるたびに明らかに伸びてしまっていたTシャツが目に見えて長持ちしたんですよ!

思わず、

筆者
洗濯ネットめっちゃ優秀じゃん!笑 こんなに簡単なのに!

と声に出していました笑

~洗剤も意識してみる~

意外と見落としがちなのが洗剤や柔軟剤での衣類が伸びるのを防ぐ方法です。

なんと今の時代、洋服が洗濯や様々なダメージによって伸びてしまうのを洗剤の力で防ぐことができてしまうのです!

この方法なら洗濯時に伸びるのを予防・改善できる洗剤を入れるだけなので、とても簡単ですね!

これを聞くと「めっちゃ楽じゃん!それなら洗濯ネットも必要ないね!」

というように上で説明した洗濯時の工夫を無視してしまう方が時々おられます…。

単刀直入に言います。洗剤の効果だけではその場しのぎに過ぎません!

もちろん洗剤には確かな効果があります。

しかし、洗剤にそう言った効果があったとしても、洋服のダメージを抑えるために必要な洗濯方法を怠けてしまうと、回数を重ねていけば明らかに洋服の見た目にダメージが現れてきます。

せっかくの洗剤の効果を台無しにしてしまうのです。

何をお伝えしたいかというと、洗濯時に洗濯ネットを使うなり、洗濯のモードを自分で調整するなどの工夫が最も洋服のダメージを軽減できるということです。

干すときにも気を付けるべきポイントがある!

洋服が伸びてしまう原因として洗濯時のダメージももちろんありますが、それだけではないんです。

実は洗濯が終わった後に待っている洗濯物を干す段階にも、洋服が伸びてしまう原因が隠れているのです。

洋服が伸びてしまうのを防ぐ干し方を紹介していきます。

~ハンガーを2つ使って干す方法~

これから紹介する干し方は重量の重い衣類を干すときに有効的です。

例えば冬の時期に活躍するニットやセーターなどです。

これらは洗濯後にたくさん水分を含んでしまい、その重みで伸びてしまうのです。

それを防ぐ干し方がハンガーを2つ使用して干す方法です。

こちらをご覧ください。

こうやって干すことによって衣類が伸びてしまい、だらしない見た目になるのを防いでくれます!

この方法は伸びやすい洋服だけではなくお気に入りの洋服など伸びてほしくない洋服を干す際にも有効的なのでぜひお試しください!

シンプルですが非常に効果的で、実際にやってみて目に見えて違いを実感することができます。

~直接物干しざおに干す方法~

この方法はハンガーを2つ使って干す方法と同様に、重みで衣類が伸びてしまうのを防ぐ効果が期待できます。

ハンガーの数が足らないという場合や、ハンガーを2つ使うのが面倒だという方におオススメです。

~干すときは軽く伸ばしてから~

これはすでにやられている方も多いかもしれませんが、洋服を干す前に軽くシワを伸ばしたり、形を整えてから干すようにしましょう。

これによって乾いたときに衣類の型崩れを防ぎ、しわになりにくくなります。

これは本当に簡単で道具も必要ないので習慣にしていきましょう!

(まとめ)工夫次第で衣類が伸びるのは防げる!

大切にしている衣類ならできる限り、きれいな状態で長く愛用したいに決まっていますよね!

大切な衣類はあなたの工夫次第で確実に寿命を延ばすことができちゃいますよ!

衣類が伸びてしまう原因と、衣類が伸びるのを防ぐために私たちが工夫できるポイントをおさらいしてみましょう。

  • 洗濯機の洗浄方式が衣類の伸びる原因となっている
  • 洗濯機は便利なので積極的に使い、洗濯機を使っても衣類が伸びてしまわない方法を実践する
  • 1度の洗濯で洗濯機に入れる衣類の目安量は5㎏程度
  • 洗濯する前に洗濯品質表示札を必ず確認して正しい洗濯の方法を把握する。
  • 洗濯表示に「弱い洗濯」の表示がある場合は、手洗いモードで選択する
  • 手洗いモードがない場合は、脱水の工程を抜いて選択する。
  • 洗濯ネットに入れて洗濯す
  • 洋服が伸びるのを防ぐ効果のある洗剤を使用する
  • 干すときは洋服に含まれた水分の重みで洋服が伸びてしまわないようにハンガーを2つ使って干すか、物干しざおに直接干す。
  • 干す前に軽くシワを延ばして形を整える。

以上のポイントを実践するだけで、お気に入りの洋服もきれいな状態を保つことができますよ!!

お気に入りの洋服が洗濯後に伸びてヨレヨレになっている光景とはこれでおさらばです!

 

この記事も読まれています

いいね!と思ったらシェアしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。