おみくじで凶をひいたときの対処法って?持ち帰る?気をつける事は?

初詣や、神社にお参りした際の定番の1つといえば、おみくじですよね。

ちなみに皆さんはおみくじで凶を引いたこと、ありますか?

私はあります。しかも2年連続で。

凶を引いたその日に階段から落ち、スマホをなくすという悲劇にあいました。

まさに凶だな。と痛感しましたね、ええ。

私と同じ境遇の貴方。

「凶なんて…最悪だ」

そう思っている貴方!落ち込むのはまだ早いです。

この対処法をしっかり実施すれば凶を吉に転じさせることができるはずです。

 

凶が入っている確率は意外に高い

そもそも凶ってどのくらいの確率ででるものなんでしょう?

実は、おみくじの確率には基準があるんです。

「元三大師御籤帳(がんざんだいしみくじちょう)」という書物に、

「大吉」が16%、「吉」が35%、「凶」が29%、その他が20%。

と、いう基準が記載されているそうです。

ここでいうその他は、神社によって好きに決めてよいとされているとのこと。

有名どころだと「中吉」「小吉」「末吉」といったところですね。

つまり基準によると、約30%が凶を引く計算に。

3人家族でおみくじをひいたら誰かは凶。

かな
なんだかそう思うと気が楽になってきませんか?笑

そう、大丈夫です。そんなに珍しいことではないのです。

落ち着いて、正しい対処をしましょう。

 

ただし…ちょっと落とし穴

「30%?そんなにでてる気がしないけど」

と、思いませんか?

実は、「元三大師御籤帳」はあくまで基準です。

確率は神社によって自由に決めてよいそうです。

中には凶をなくしている神社もあるとか。

逆に増やしている神社は、調べたところありませんでした。

凶が多いと有名な東京・浅草にある浅草寺も、公式に否定しています。

「浅草寺のおみくじは凶が多い」とよく言われますが、古来の“おみくじ”そのままです。

引用元:浅草寺HP

もうお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが。

浅草寺の主張通りだとすると、他の神社は基準より凶の確率をさげているものと思われます。

どーりで私の周りで凶を引いたやつがいないわけだ。

ぬか喜びさせてすみません。

でも大丈夫。

対処法はあります。

 

凶がさらに悪くなる!?気をつけるべき絶対やってはいけない行動

おみくじを捨てる

「こんなおみくじ見たくない」

そう思う気持ち。わかります。

私も凶を引いたとき、見なかったことにしたくなりました。

臭いものには蓋をするとはよくいったもので、都合の悪いことは見たくないですよね。

でもいけません。

おみくじには神さまの魂が宿っているともいわれているそうです。

そんなおみくじを捨てるのは罰当たりです。絶対やめましょう。

おみくじを引きなおす

これもやりがちですよね。

かな
と、いうか私やったことありますね。(爆弾発言)

何度やり直してもいいという説もありますが、

神様からのお言葉が書いてあるのを何度も引くというのは、失礼な気がしませんか?

まるで、お前の言葉なんか聞きたくない。と言っているかのよう。

絶対とは言いませんが、おすすめしません。

ネタにはなりそうですけどね。

ちなみに別日であれば全く問題ないとのこと。

結びつける用の木以外の木に結ぶ

これはそもそも、マナー違反です。

しかも紙を結んでしまうことで、木の成長を妨げてしまいます。

罰当たりなので絶対やめましょう。

結ぶのであれば、結ぶ専用の場所に結んでおきましょう。

 

凶を引いた時の対処法

まずはじっくり読む

おみくじは神様からのありがたいお言葉。

つまりあなたへのアドバイスです。

凶ということに気を取られず、内容をしっかり読みましょう。

中には漢詩で書いてあるところもありますが、

読めないところは神社の方にお伺いして、ちゃんと意味を理解しましょう。

持ち帰る?結ぶ?

特に決まりはございません。「おみくじ」とは、ご自分の吉凶を占うもので、「おみくじ」に書かれた内容は、神様からのお言葉とされています。「結ぶ」という言葉は、「神様とのご縁を結ぶ」など神社では縁起の良い言葉とされていますが、日々の指針として大切にお持ち帰りになっても構いません。

引用元:太宰府天満宮HP

結論、どちらでも良いそうです。

ちょっと意外ですね。

かな
ちなみに私が今まで聞いたことがあったのは、

凶は結ぶ、吉や大吉は結ばずに持って帰るという説でした。

木に結ぶとその神社との縁を結ぶという意味があるそうです。

そして、凶がでたことを日々の戒めとして大切に持っておくのもアリ。

できれば手帳や財布の中など、常に持ち歩くものの中に入れておくと良いですね。

どちらにするかは、引いた貴方の自由です。

大事なことは引いたタイミングで神様からのお言葉をしっかり読んで、今後の戒めとすること

日々の戒めとして、その後をしっかり過ごせば、凶が吉にかわるそうです。

 

まとめ

いかがでしょうか。

おみくじは初詣の際に引くときが多いと思います。

そんな年の始めに凶なんて、最悪ですよね。

でも大丈夫。

凶を引いた時の対処法
  • まずは内容をしっかり読む
  • 持ち帰るか結ぶかは自由!
  • 神様からのお言葉として内容を理解し、今後の戒めとすること

この3つをしっかり実施しましょう。

あとは気の持ちようです!

「ここで凶を引いたんだから、あとはあがるしかない運勢だ」

と思うくらいでいきましょう。

貴方の今後に素敵な未来がありますように。

 

この記事も読まれています

いいね!と思ったらシェアしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。