エディブルフラワーって何?種類や使い方をマスターしよう! 

お花ってとても身近にあるものですよね。
春はお花見をして風情を感じたり、時には花束をプレゼントしたり、お庭で育てたり。

用途は様々ですが、その中に食べられる花があるって知っていますか?

お料理に入れたり、ワンポイントで色を飾るととってもお洒落な食べられるお花(エディブルフラワー)についてお話ししようと思います。

お花に興味がある方、お料理の彩りに困っている方、近々ホームパーティするけどどうしようと思っている方、さらに!
流行りのインスタ映えを狙っている方も必見ですよ!

是非ご覧ください。

 

エディブルフラワーとは?

カタカナが並ぶと目がチカチカしますが、これはedible(食用に適した) flower(花)つまり、食用花のことです。

観賞用の花の中から毒性がなく、生でも食べられるものを指しています。

よく、居酒屋さんなんかでお刺身を注文した時に飾ってある黄色い菊の花がまさにそれですね。

ご家庭ではあまり見ない方の方が多いのではないでしょうか。
因みに私は恥ずかしながらこの人生、自宅でお皿の上をお花で彩った事はありません!

花瓶を置いていたりとかはするんですけど、中々お料理には使わないんですよね。笑

積極的にお花を入れるのはちょっと難しそうな印象です。

食用花に接する機会があるとすれば

  • 外食
  • スーパーの鮮魚コーナー
  • 結婚式などの婚礼料理
  • オードブル
  • 旅館などでの懐石料理

くらいでしょうか?
やはり、普段の生活で遭遇する機会は少なそうですね。

確か以前、披露宴でのお料理の中にお花が飾ってありましたが、食べられると知らずに避けてしまっていました。

食べられたんですね、勿体無いことをしてしまったと反省中です。笑

エディブルフラワーの種類には2種類

生花

名前通りの生のお花です。
香りや甘味をそのまま残してあるのでお花本来の味を感じられますね。

保存は2日から5日と言われていて野菜と同じ感じくらいが目安になります。

乾燥に弱いため、湿らせたキッチンペーパーに乗せラップをして冷蔵庫へ!
ジップロックやタッパーに入れるのもgood!

ドライエディブルフラワー

こちらは乾燥させたタイプです。
更に押し花タイプと自然乾燥タイプがあります。

保存は半年から1年保つように作られていますが、湿気や直射日光に弱いです。
密閉できる容器で、日の当たらないところで保存しましょう。

どの花も食べられるの?

いえいえ、お花って食べられるんだーって思ってしまった方は要注意ですよ!

観賞用のお花には虫がこないように、よく育つようになどと言った理由で農薬が使われていますが、食用ともなると口に入れるものなので安全な肥料や少ない農薬または、無農薬で栽培されたもののみが食用として認められています。

なので、そこら辺のお花を取ってきて盛り付けようー!お庭で育てたから大丈夫!というのは危険ですので、絶対に食べないでくださいね。

実は食べてはいけないものもあります。

  • アジサイ
  • スイセン
  • クリスマスローズ
  • 彼岸花
  • 鈴蘭

食べられる種類もたくさんありますが、その分食べられない種類も山ほどあるんです。

中にはお花屋さんで手軽に手に入れられるものもあります。

数年に一度は『スイセンの葉をニラと間違えて食中毒に』というニュースを聞きますよね。

食べられない理由、それは、毒性のある花もあるからなんです!
嘔吐や失神を引き起こす事があるらしいですよ。
ひゃー、怖い怖い。

ついつい形が似ていたり、食べられるだろうという自己判断は危険ですね。

食い意地が張っている私なんかは、すぐ美味しそうって思ってしまいそうなので注意しておきます!笑

エディブルフラワーって何種類あるの?

実はエディブルフラワーって100種類もあるんです。
ここでほんの一部ではありますが紹介しますね!

どれも基本的に、料理の邪魔をしない淡白な味わいになっている事が多いです。いわゆる引き立て役といったところです。

そして、野菜と同じでビタミン食物繊維などの栄養もあるので、お料理に出てきた際は是非食べてみてくださいね!

バラ


バラのうんちく
エディブルフラワーの中で一番食物繊維が豊富と言われていて、バナナの10倍以上!
ビタミンCがレモンの17倍
ビタミンAはトマトの20倍

ふむふむ、素晴らしい栄養価です。これは食べなきゃですねー!

パンジー


パンジーは色の種類も豊富でカラフルですよね。
サラダ、スイーツなどに使われています。

小さい頃から身近にあるパンジーが食べられたなんて。かなりの衝撃でした。

スイートピー


フリルのような花弁が綺麗ですね。ケーキなどの飾りにされることが多い花です。
きっとお料理に乗せたらただならぬ存在感なんだろうなー。

クローバー

マリーゴールド

カーネーション

この花は母の日のイメージしかなかったのですが、食べられるんですね!

いつもは母の日に花束を渡すことが多かったんですが、来年はカーネーションのエディブルフラワーを使ったお菓子なんか作ってみようかなーなんて考えてます!

ベゴニア


食用花としては一番馴染みのある花ではないでしょうか。
スーパーの葉物コーナーにもひっそり売られているので、購入しやすいです。

菊のうんちく
ビタミンCや葉酸、ミネラル類といった抗酸化作用のある栄養素を多く含んでいるのでアイチエイジング効果があるそうです。
アイチエイジング!食べなきゃ!


よく花を塩漬けにしたり、和菓子や、あんぱんなど加工してあるので、馴染みがありますね。

そう言えば、昔結婚式で出てきた桜入りのしょっぱいお茶も今思えばエディブルフラワーだったんですね。
私は小さかったので美味しさが分からず、おじいちゃんにあげました。笑

ヒマワリ


ハムスターを飼っていたせいか、タネを食べるイメージでしたが花びらも食べられるんですね。

キンモクセイ


こちらもいい香りのする有名なお花。砂糖漬けにされる事が多いですよ。

プリムラ


これはまさにインスタ映えにもってこいの彩りです!
エディブルフラワーの中で人気がある種類なんですよ。

プリムラのうんちく
ビタミン類が多く含まれ、ビタミンCは同量のホウレンソウの3.5倍も含まれています。

カモミール


これはよく見ますね、ご存知の方も多いと思います。
生で食べるのももちろん、カモミールティーのように紅茶にして飲むのも美味しいですよね。

アップルティーに似たような味です。
これは意外ですが、入浴剤としても使えるんですよ。

カモミールのうんちく
カモミールの語源は古代ギリシア語で大地のりんごを意味する言葉に由来します。

ラベンダー


ラベンダーの香りって本当にいい匂いですよねー。私大好きです!

ラベンダーのうんちく
・鎮静作用(緊張を和らげてくれる)
・高血圧抑制
・不眠解消
・抗菌殺菌作用
・防虫作用
・抗炎症(皮膚のトラブルを抑えて回復を助けてくれます)

めちゃくちゃ万能アイテムですね。

不眠で悩んでいる方いませんか?
そんな方に朗報です。

是非、ラベンダーティーを寝る前に飲んでみてください。心も体も緊張を解いてくれるのでよく眠れますよ
実際に私は昔から急に眠れなくなって困ることが多かったんですよね。

働いていると日中は眠くて怠くなる、でも夜眠れない。それがストレスになるの悪循環!
そんな時に女子力の高い友人からもらったのが、ラベンダーのドライエディブルフラワー入りの紅茶です。

美味しいー!と言ったお味ではなかったですが、リラックス効果のおかげか徐々に効き出しました。
すぐ眠くなると言う感じではなく、入眠までの時間が段々と減ってくる感じです。

気になる方はトライしてみてください。

どこで買えるの?

色々な種類を見てきましたが、一体どこに売っているのでしょうか?

エディブルフラワーって特別な感じがしますよね。

菊だったら近所のスーパーで見かけるのですが、カラフルにしたい時やたくさん欲しい時なんかはどこを探せばいいのでしょう?

主にネット通販

ネットであれば選んでポチッでいいので探し歩く手間も、帰り際にお花が潰れてないかの心配もないのでいろんな意味で安心です。
私は面倒くさがりなのでネットでポチッとしたいですね笑

お花屋さん

お花屋さんならどこでも置いていると言うわけではありませんが、まれに置いているところもあるようです。
是非一度お近くのお花屋さんへ聞いてみてください。

デパート(百貨店)

デパートってなんでもあるイメージですが、エディブルフラワーもお野菜売り場に並んでいる事もあるそうですよ。
パックに入って売られていることが多いです。
チェックしてみてくださいね!

 

エディブルフラワーで食卓に彩りを!

意外と彩りって難しいくないですか?

例えばケーキのトッピングに青を使いたいけど、青いフルーツって中々見つからないですよね。

けれど、エディブルフラワーだったら色のバリエーションも豊富なので困った時の救世主になってくれるかもしれませんよ!

一体どのようなお料理に使われているのでしょうか。

 

主な使用例

サラダ

これは王道と言っても過言ではないですね。

お花を散らすだけでとってもお洒落になります。

クッキー

なんて可愛いんでしょう。
花びらで可愛くもよし、ドライを使って、記事の中に練り込んでもよし。

どちらも美味しそうです!

紅茶

噂の色が変わる紅茶がこちら!

こういうお洒落な紅茶だと、インスタアップしたくなるに間違いないです。

ケーキ

お花が主役のナチュラルなケーキというのも良いですね。

買ってきたケーキにちょこっとお花を乗せるとオリジナルケーキのできあがり!

意外な使用例

花氷

これめちゃめちゃ可愛いのに、めちゃめちゃ簡単に作れるんです。

製氷機に好きな花びらを入れて、水を注ぎ凍らせるだけ!

友達がお家に来た時に出したら喜ばれそうですよね。

私だったら、お邪魔してこんなに可愛い氷を出されたら好きになります。笑

ゼリー

https://www.instagram.com/p/BWWomX3Ai-Q/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=1rbcfh53vhtgj

素晴らしい!女子会やホームパーティに良さそうです。

こういったカラフルな可愛いものってついついテンション上がるんですよね!

ゼリーをババロアに変えて、その上にお花を散らしたりするのも美味しいそうですね。

お腹すいてきました。笑

市販のスイーツにトッピング

これは目から鱗!市販のものにトッピングするだけで自分だけのスイーツが作れますし、手間もかなり省けますね。

小さなお子様をお持ちの方、一緒に作ってみてはいかがですか?

食べるのがもったいないくらい可愛いです。色んな花の組み合わせで遊べそうですね。

まとめ

エディブルフラワーについてご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?

  • エディブルフラワーとは食べられるお花の事
  • 食べても害のない低農薬、または無農薬でのみ作られたもののみが認められている
  • エディブルフラワーは約100種類
  • 毒性のあるものがあるから注意
  • 自分の好みに合わせて飾り付けができる

アイデア次第でたくさんのお料理で楽しめそうでしたね。

私は、花氷がとてもキュンとした可愛さで気になりました!
市販のものに乗せるだけの物も子供と簡単に作れるそうなので、近々お花をポチッとしてみたいともいます。

お誕生日はもちろん、ハロウィンやクリスマスやバレンタインなどの季節のイベントにもピッタリなエディブルフラワー、是非お試しください!

ご覧いただきありがとうございました。

この記事も読まれています

いいね!と思ったらシェアしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。