バレンタインにお手紙を。彼が喜んでくれる書き方・例文有り!

女の子にとって大切な一大イベント!それはバレンタインデー!

この記事を読んでいるあなたは、きっと”彼”の事を思いながら見ているのでしょう。いじらしい。そしてなんて可愛い

その可愛い想いが届かなきゃ絶対もったいない!

チョコを渡すその側にあなたの手紙も届けましょう。

チョコは食べたら消えるけど手紙はあなたの想いを乗せたまま彼の心に残ります

実は8以上の男性がチョコと一緒にメッセージや手紙がしいと思っているのです。

最近はLINEとかで簡単にやり取りができるから、手紙ってわざわざ便箋とか用意して書かないとダメだから少しハードル高く感じるかもしれないけど、

その手間は無駄な手間ではありません!それがいいんです!

そこにはあなたが彼を思って便箋を選んだり、自分の字で考えながら手紙を書いたりした事が相手にもちゃんと伝わります

手紙には「感動」を与える不思議な力があるのです

そして言葉とはすごいもので、その一言で相手を喜ばす事も傷つけてしまう事も出来ます。

言葉を上手く使って想いが伝わる手紙を書いて、彼の心をわしづかみしましょう!

彼が手紙をドキドキしながら、一人で何度も読み返す姿が楽しみです。

さぁ、一緒に手紙を考えて行きましょう!

 

まずは素直になる。

手紙の不思議な力の一つに面と向かって無いからか、余計な感情が入らず素直に自分の気持ちを出す事ができます

直接は恥ずかしくて言えなかったり、ケンカしてても手紙の前では落ち着いて素直に書けちゃったりします。

もう過ぎてしまった「あの時はごめんね」を伝えるチャンスでもあります。

「もういいよ!そんなの気にしてないのに」で気にしてた事でも許してキュンですよ。

男の人は分かりにくいのは苦手です。そう、素直な気持ちで書いてみましょう。

例文
  • いつも素直になれなくてごねんね。
  • ほんとはいつも思ってるんだけど、今日はちゃんと言うね!大好き!
  • 内緒にしてたんだけど、出会った時よりどんどん好きになってるよ。
  • いつも恥ずかしくて言えないから、最初で最後かもだからよく聞いてね。大好きだよ。

書いてて私がキュンキュンしちゃいました。

いつも素直に言えないなら、彼にとってより大切な手紙になる事間違いなしですね。

男性は不器用でも誠実な女性が大好きです。

 

便箋

出来れば、可愛らしい・女性らしい便箋にしましょう。

男性が選ばないようなデザインであれば、便箋を見る度に自分と違う女性らしさを感じます。

バレンタイン前になったら可愛らしいデザインの便箋もいっぱい売り場にでてくるので選ぶのもすごく楽しいですよ!

便箋と一緒にチョコのラッピングも選んだりしますよね♪

バレンタインのラッピングの記事もあったので載せておきます。

バレンタインラッピングは100均で♪アレンジ方法が知りたい人必見!

枚数

手紙の枚数は便箋に1枚か2枚がちょうどいいです。長くても3枚以内にまとめましょう。
長すぎる手紙は少し重くなってしまう可能性があります。もうちょっと読みたいくらいがちょうどいいです。

 

書き方のポイント

相手が嬉しくなるようなもらって嬉しい手紙にしましょう!

そしてもし文字に自信がなかったとしても丁寧に書けば大丈夫なので手書きで書きましょう。

自筆だと一生懸命書いているのも、あたたかみも伝わりますが、プリンターでは手紙の良さが半減してしまいます。

手書きでやり取りする事が少なくなってきているので、手書きというだけで特別で新鮮でドキドキしたりします。

日頃から手紙を書く機会が無くなった落とし穴として、うっかり彼の名前や最後に自分の名前書き忘れたりする事があります

せっかく書いたのに大事な所が抜けてるともったいないです。

手紙を書くときは伝えたい気持ち自分の想い一度書き出してみると後でまとめやすくなります。

一度下書きしてみるのもオススメです。

下書きなく書いてしまうと、長々となってしまったり文章がだれてしまったりする事もあります。

理想は内容濃く、分かりやすく簡潔にです。

下の名前で呼ぶチャンス。

上の名前で呼んでいた場合は下の名前で呼ぶチャンスです。呼びたい呼び方や好きなあだ名でもいいですが、下の名前で呼ばれるとそれだけでドキッとしちゃいます。なんだかいつもと違う、それだけで一気に距離が縮まります。

相手が喜ぶ呼び方を知っていればそれもいいと思います。

ちなみにうちの旦那様は「神」と呼ばれたいそうです。それはちょっとスルーで下の名前で手紙書こうと思います。

大好きが大好き

男の人は大好きが大好きで!愛してるも含め好きの気持ちを伝えるのにこんなに分かりやすい言葉はないです。

恥ずかしがらずに大好きだと伝えましょう。

褒める!

男の人は褒められるのが好きです。いや、みんな好きなはず!彼が頑張っていることや、性格でもなんでもいいです。

あなたしか知らない魅力・頼りになる事・好きな所など、彼はちゃんと見ていて応援してくれるあなたの存在を嬉しくおもいます。

この手紙が彼に自信を与え、あなたの手紙が彼のお守りになります

例文
  • ○○君の優しさに実はいつも感動しています。大好き。
  • 頼れるのは○○君しかいない。
  • 仕事頑張ってる姿かっこよすぎて大好き!尊敬してるよ!


幸せを伝える

一緒に居れて楽しい・幸せだと伝える

男性は女性を守りたいとか幸せにしたいと本能的に思っています。

例文
  • 一緒に居ると楽しくてあっという間に時間が過ぎちゃう。私って幸せ者だね。
  • いつもありがとう。私ほんとに幸せ!
  • 一緒に居るだけでなんだかすごく幸せな気持ちになるんだ。
  • 出会えてよかったー!だって毎日楽しいもん。

これは女性だって嬉しいですよね。そしてこのあなたの幸せな気持ちは彼にとって「これから先も守って行きたい」という気持ちと自信を与えるものです。二人の将来を考えるきっかけになるかもしれません

感謝の気持ち

「ありがとう」や「感謝してる」という気持ちをいれるのもいいです。

例文
  • つらい時でも側に居てくれてありがとう。頼りになる○○君の優しさに感謝。
  • ○○君の笑顔見るだけで、いつも幸せな気持ちになるよ!ありがとう!
  • いつも笑わせてくれてありがとう。
  • 毎日楽しいよ。出会いに感謝!

最後は未来の事も書く

手紙の最後にこれからの二人を連想させる事を書くと締まりやすいです。

例文
  • 次のバレンタインも一緒に過ごそうね
  • 来年のバレンタインは○○行きたいな♪
  • これからもずっと大好きだよ。
  • これからも一緒にいっぱい笑って、一緒にいっぱいお出かけしようね!

付き合いが浅い時は「10年後もよろしく」など、遠い未来の事を書くと少し重くなってしまいますので、「こらからも、いろんな思い出一緒に作っていこうね。」という感じで軽めにしておくといいでしょう。

 

例文

付き合って浅いカップル

○○君へ
Happy Valentine!
今日は恥ずかしくて言えなかったほんとの気持ち、ちゃんと伝えるね。
付き合い初めてもうすぐ半年だね。いつも大切にしてくれてありがとう。
出会った時より実はどんどん好きになってるよ。「大好き」の言葉じゃもう足りないかも!
優しくて、がんばり屋さんの○○君。ほんと私の自慢の彼氏だよ!
出会ってから、見える世界が変わったの。一緒に居るだけでこんなに幸せな気持ちになれるんだね。
いつもありがとう。感謝の気持ちでいっぱいだよ。
これからも、いっぱい笑い合える二人でいようね。大好き。
○○より

付き合いの長いカップル

○○へ
今日はバレンタインだね。
甘いの苦手なの知ってるから、チョコはビターにしたけど込めた気持ちは激甘だよ♪
ほんとはいつも思ってるんだけど、今日はちゃんと言うね。大好き!!
○○の笑顔見てたら、悩み事とかふっとんじゃって私も楽しくなって笑っちゃうよ!
側に居るだけで頼りになってすごく支えらてるよ。ほんと感謝してます。

私は幸せ者だね。
次の休みは遊びに行こうよ♪
仕事がんばってるの応援してるんだけど、たまには気分転換でいっぱい一緒に笑いまくろう!
私だっていつも○○の支えになりたいと思ってるんだよ。だって大好きだもん。
これからも、二人でいっぱい色んな思い出作っていこうね。
○○より

ちなみに私は結婚してもう6年。ちょっと恥ずかしいけど私も旦那さんに手紙書いてみよう。

結婚してるカップル

○○へ
ハッピーバレンタイン!
最近は子供中心になっちゃってたけど、今日は恋人の日だよね。
今日はパパとママはお休みして、恋人の気持ちに戻って手紙を書くね!
結婚してもう6年たつけど、実はそんな実感ないの。
一緒に居ると楽しくてあっと言う間にもう6年。びっくり!
いつも家族の為に仕事頑張ってくれてありがとう。頑張り屋さんだからがんばり過ぎてるのがちょっと心配。
たまには息抜きしてゆっくりしてね。頑張ってなくても、大好きだよ。
笑顔が好き。優しい所も好き。大事にしてくれてるのも好き。尊敬できる所も、行動的なところも、のんびりしてる所も私と同じ所も違う所も、全部好き。

一緒にいれて私は幸せです。
色んな所いっぱい遊びに行ったけど、まだまだ行きたい所いっぱいあるよ!
今までも言葉じゃたりないほどのありがとうがあるんだけど、愛情込めてゆっくり返していくからこれからもよろしくね。
○○より

書いてみて気づきましたが、「好き」って書くのやっぱり恥ずかしくてなかな書けないもんだなぁ。

せっかくだから深呼吸して思い切って書いてみると、どんどん言葉が出てきました。

書きにくければ書きにくいほどいつも言ってない証拠だから書いたら彼は喜んでくれるハズです!

 

ちょうどいい動画がありましたので載せておきます。

返事

手紙を書いたら返事が欲しいと思うのが普通ですが、男性は基本的に面倒くさがりです。
返ってきたら嬉しいな。くらいの気持ちでいてください。

強要しすぎると、ケンカになってしまう可能性があります。
返事が欲しい時は渡す時か、手紙の中に”返事をくれたら嬉しいな”と軽めにお願いしてみましょう。

 

まとめ

LINEなどで簡単にやり取りが出来るようになりましたが、思いを伝える為にぜひ手紙を書きましょう!
その手間は無駄な手間ではありません!むしろそれがいいんです!

そこにはあなたが彼を思って便せんを選んだり、自分の字で考えながら手紙を書いたりした事が相手にもちゃんと伝わります。
手紙には「感動」を与える不思議な力があるのです

実は8割以上の男性がチョコと一緒にメッセージや手紙が欲しいと思っています。これはもう書くしかない。

  1. まずは素直になりましょう。男性は分かりにくいのは苦手です。
    手紙は不思議と素直に書けます。
    もう過ぎてしまった「あの時はごめんね」を伝えるチャンスでもあります。
    例文
    ☆いつも素直になれなくてごねんね。
    ☆ほんとはいつも思ってるんだけど、今日はちゃんと言うね!大好き!
    ☆内緒にしてたんだけど、出会った時よりどんどん好きになってるよ。
    ☆いつも恥ずかしくて言えないから、最初で最後かもだからよく聞いてね。大好きだよ。
  2. 便箋は可愛らしい・女性らしい便箋にしましょう。
    男性が選ばないようなデザインであれば、便箋を見る度に自分と違う女性らしさを感じます。
  3. 枚数は1.2枚がベストです。長くても3枚以内にまとめましょう。
    長すぎる手紙は重くなってしまう可能性があります。もうちょっと読みたいくらいがちょうどいいです。理想は内容濃く、分かりやすく簡潔に。
  4. 相手が嬉しくなるようなもらって嬉しい手紙にしましょう!
  5. 下の名前で呼ぶチャンス。
    呼びたい呼び方や好きなあだ名でもいいですが、下の名前で呼ばれるとそれだけでドキッとしちゃいます。なんだかいつもと違う、それだけで一気に距離が縮まります。
  6. 男の人は大好きが大好きです!愛してるも含め好きの気持ちを伝えるのにこんなに分かりやすい言葉はないです。
    恥ずかしがらずに大好きだと伝えましょう。
  7. 褒める!
    彼が頑張っていることや、性格でもなんでもいいです。
    あなたしか知らない魅力・頼りになる事・好きな所など、彼はちゃんと見ていて応援してくれるあなたの存在を嬉しくおもいます。
    この手紙が彼に自信を与え、あなたの手紙が彼のお守りになります。
    例文
    ☆○○君の優しさに実はいつも感動しています。大好き。
    ☆頼れるのは○○君しかいない。
    ☆仕事頑張ってる姿かっこよすぎて大好き!尊敬してるよ!
  8. 幸せを伝える
    一緒に居れて楽しい・幸せだと伝える。
    男性は女性を守りたいとか幸せにしたいと本能的に思っています。
    例文
    ☆一緒に居ると楽しくてあっという間に時間が過ぎちゃう。私って幸せ者だね。
    ☆いつもありがとう。私ほんとに幸せ!
    ☆一緒に居るだけでなんだかすごく幸せな気持ちになるんだ。
    ☆出会えてよかったー!だって毎日楽しいもん。
  9. 感謝の気持ち
    「ありがとう」や「感謝してる」という気持ちをいれるのもいいです。
    例文
    ☆つらい時でも側に居てくれてありがとう。頼りになる○○君の優しさに感謝。
    ☆○○君の笑顔見るだけで、いつも幸せな気持ちになるよ!ありがとう!
    ☆いつも笑わせてくれてありがとう。
    ☆毎日楽しいよ。出会いに感謝!
  10. 最後は未来の事も書く。手紙の最後にこれからの二人を連想させる事を書くと締まりやすいです。
    例文
    ☆次のバレンタインも一緒に過ごそうね
    ☆来年のバレンタインは○○行きたいな♪
    ☆これからもずっと大好きだよ。
    ☆これからも一緒にいっぱい笑って、一緒にいっぱいお出かけしようね!

書いていてキュンキュンしちゃいました。彼が嬉しくてあなたも嬉しい。あなたが笑って彼も笑顔になる

これはもう最強の相乗効果ですね。

手紙を渡してぜひ更に愛を深めてください。応援してます!Happy Valentine!

この記事も読まれています

いいね!と思ったらシェアしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。