紫外線対策には帽子!色による効果の違いは?おすすめをご紹介!

どんどんと暑くなっている気がする日本の夏。

暑くなると、気になるのが紫外線です。

紫外線対策グッズには、日傘やサングラスなど色々ありますが、ファッションに取り入れやすいのは帽子ではないでしょうか。

せっかくなら、おしゃれも日焼け防止も、両方叶えたいですよね☆

日焼け止めをしっかり塗るのはもちろんですが、帽子をプラスすることでさらに紫外線をカットすることができます

そこで今回は、紫外線対策に効果的な帽子について調べてみました!

 

そもそも紫外線って?

かな
紫外線に注意!ってよく聞くけど、そもそも紫外線ってどんなものかしら?

まずは、紫外線とは何なのか説明します。

 

太陽から地球に降り注ぐ光には、可視光線や赤外線など、色々な種類の光が含まれています。このうち、可視光線より波長が短く、エネルギーが高いのが紫外線です。

 

紫外線は、波長の長さによってUV-A、UV-B、UV-Cの3種類に分けられます。(UVとは紫外線の英語Ultra Violetの頭文字を取ったものです)

 

最も波長の短いUV-Cはオゾン層に吸収されて地表には到達しません。

生体にとって問題となるのがUV-AUV-Bです。

UV-Bは皮膚の表層に作用し、皮膚は防御反応としてメラニン色素を作り出します。これがいわゆる「日焼け」です。

かな
日焼けって、皮膚の防御反応だったんだ!

UV-AはUV-Bよりも皮膚の奥、真皮まで浸透します。こちらもメラニン色素を黒くして日焼けやシミの原因になる他、皮膚の張りを保つ弾性繊維を徐々に破壊し、長期的にはシワやたるみの原因となります。

かな
紫外線ダメージを防ぐには、UV-AとUV-B、両方防ぐ必要があるのね。

日焼け止めなどに表示されているSPFとはSun Protection Factorの略で、UV-Bを防ぐ効果を表す数値です。PAとはProtection Grade of UV-Aの略で、UV-Aを防ぐ効果を示します。

 

さらに、紫外線は夏だけではなく、一年中降り注いでいます

日最大UVインデックス(解析値)の月別累年平均値グラフ

出典:気象庁HP

 

かな
4~5月あたりから、紫外線が強くなってくるのね・・・

紫外線対策には、早めのケアが重要なのです。

 

紫外線対策には帽子!

紫外線の対策に、気軽に取り入れやすいのが帽子です。

紫外線は、昼間は上から常に降り注いでいます。そのため、頭皮や髪も紫外線ダメージを受けてしまいます。

帽子をかぶれば、日焼け止めを塗るだけではケアしにくい頭をガードすることができるのです。

日傘を差してもいいのですが、帽子なら両手が使えるのも利点です。

 

帽子の色による効果

かな
いろんな色の帽子があるけど、色による効果の違いってあるのかしら?

せっかくなら紫外線をより防いでくれる帽子を選びたいですよね。

 

ここで重要なのが、紫外線の透過率です。これは、紫外線をどれくらい通すかを示す値です。紫外線の透過率は色によって異なり、濃い色ほど低くなります。透過率が最も高いのはで、最も低いのはです。

つまり、紫外線対策に最も有効な帽子の色は、黒だということになります。

かな
黒が紫外線を通さないのはわかったけど、夏に黒い帽子って暑そう・・・

黒は、光を吸収する性質を持ちます。

 

例えば、海は青い光を反射しているので青く見えます。このように、物体はそのものが反射する光の色に見えるのです。黒いものは、すべての色の光を吸収してしまうので黒く見えます。そして、吸収した光からエネルギーを得て温度が上がるのです。

 

一方、白いものは、すべての色の光を反射するので白く見えます。そのため、白いものの方が温度が上がりにくくなります

 

紫外線を防ぎたいなら黒ですが、とにかく暑さをなんとかしたいという場合には、白い帽子を選ぶとよいでしょう。

 

帽子のつばによる効果

帽子のつばの部分も、紫外線対策に重要です。つばが短いと、顔に当たる紫外線が多くなります。

 

紫外線カット率は、つばの長さ3cmで約35%、7cmで約60%、10cmで約70%といわれています。ただし、10cm以上長くても紫外線透過率はあまり変わりません。

かな
長ければいいというわけでもないのね。

紫外線対策には、つばの長さ7~10cmで、頭をぐるりと覆うハット型が最も適しているといえます。

 

さらに、上から以外の紫外線にも注意が必要です。

かな
紫外線って上からだけじゃないの!?

地面に当たって反射する照り返しの光や、空気中で散乱する光にも紫外線が含まれています。紫外線はどの方向からも来ているのです。

 

下方向から来る紫外線対策には、つばの裏側の色が重要です。つばの裏側が黒など濃い色のものを選ぶと、下からの紫外線をカットしてくれます。帽子を選ぶ時には、裏側も忘れずチェックしましょう。

 

帽子の素材による効果

かな
帽子の素材もいろいろあるけど、どれを選んだらいいのかしら。

実は帽子の素材も、紫外線対策に影響しているんです。

 

暑い時期におすすめの素材は、ポリエステルと綿の混合素材です。

 

ポリエステルにはUV-Bを吸収する効果がありますが、ポリエステルだけだと通気性が悪く、暑い時期には不向きです。一方、綿は通気性がよく、汗をよく吸収します。ポリエステルと綿を組み合わせることで、紫外線カットと通気性という、夏にうれしい効果を持った素材となるんです。

 

夏といえばさわやかな麦わら帽子のイメージもありますが、編み目の粗いものは隙間から紫外線を通してしまうのでNGです。

 

UVカット加工

最近では、UVカット加工が施された帽子も見るようになりました。UVカット加工されたものなら、紫外線の透過を気にせずに好きな色を選ぶことができます。

 

UVカット加工には、2種類の方法があります。

  • 繊維に紫外線を反射する成分を織り込む方法
  • 生地に紫外線を吸収する薬剤を染み込ませる方法

 

生地に薬剤を染み込ませる方法だと、洗濯などで落ちてしまうため、ワンシーズン程度しか効果が持ちません。効果が半永久的に持続する、繊維に織り込む方法のものがおすすめです。

 

紫外線対策におすすめの帽子

ここまで見てきた条件を踏まえて、おすすめの帽子を紹介します。

 

シンプルなデザインでどんなファッションにも合わせやすい帽子です。折りたたみもできて、コンパクトに持ち運ぶことができます。

 

こちらは大きなリボンをあしらった、エレガントなデザイン。つばにはワイヤーが入っており、しっかり形をキープできます。

 

男性も紫外線ダメージは気になるもの。こちらのハットなら、クールに決めることができます。

 

お子さんの日焼けが気になるという方も多いでしょう。このような帽子でしっかり対策してあげましょう。後ろのネックガードは取り外しも可能です。

 

UVカットスプレー

かな
UVカット加工されてないけどお気に入りの帽子をかぶって出かけたい!

そんな時には、布用のUVカットスプレーを使えば、スプレーするだけで手軽に紫外線カット効果が得られます。

UVカット加工製品の効果を復活させるのにも使えます。

使う際は、まず目立たない部分で色落ちやシミにならないか試してくださいね。

 

まとめ

さまざまな帽子がありますが、紫外線対策には色々な要素が関係しているんですね。

紫外線対策に効果的な帽子の特徴を、以下にまとめました。

紫外線対策におすすめの帽子
  • 色は黒色
  • つばは7~10cm、ハット型
  • つばの裏側も黒
  • 素材は綿とポリエステル
  • UVカット加工方法は繊維に紫外線カット物質を織り込む方法

お持ちの帽子が当てはまらないという場合でも、UVカットスプレーを使えば手軽に紫外線対策できます。

帽子をうまく取り入れて、これからの外出を楽しんでくださいね♪

 

この記事も読まれています

いいね!と思ったらシェアしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。