プールに行く時に便利な持ち物って?子どもや女子に必須な物って?

もうすぐ夏ですね。子連れにとって夏に行く機会が多い場所といえばプール!

我が家の子どもたちもカッパかな?ってぐらい水遊びが大好きです。

毎年プールに連れて行った時に周りを見てみると

かな
あ〜うちもそれ持ってくればよかった!
かな
あれがあれば良かったのに〜〜

等々持っていけば良かったというグッズなどが度々出てきます。

今年こそはNO忘れ物&気づかなかった物を無くせるように色々探して万全の体制でプールに挑みたいと思います。

それでは最後までお付き合いくださいね〜。

屋内プールに持っていく物

まずは市民プールや区民プールまたはホテルにある屋内プールから調べてみましょう!

水着やタオル

かな
水着なんて忘れないわよ〜

って思いますよね。

 

女性の水着がワンピースの場合は特に問題ないと思いますが

セパレートタイプにショートパンツだったり、Tシャツが付属していたりして意外と持っていく物が増えています。

ショートパンツを忘れたくらいなら問題ありませんがビキニを忘れちゃうとどうしようもないですよね。

きちんと確認しておきましょう。お子さんの水着も同様にチェックが必要です。

かな
ちなみに私は水着の付属を忘れた事のある人です・・。

自宅から着ていくという考えもありますよね。そうすれば確実に忘れないと思いますが

目的のプールによっては購入又はレンタル出来るようになっているので、最悪忘れてしまっても大丈夫といえば大丈夫かも・・しれない。

それから市営や区営のプールの場合はスイミングキャップが必須なのでその辺もチェックしておきましょう。

身体を拭くためのタオルも忘れずに!子どもの数などの人数によって変わってきますが我が家では

バスタオル1〜2枚フェイスタオル2〜3枚程度は持っていくようにしています。

こちらも目的のプールによってはレンタル出来る所もあるので確認しておけば忘れてしまっても安心ですね。

ビーチバック

流石に大金を持ち歩く訳にはいきません。大抵の人はロッカーに入れると思います。

室内プールの場合飲食は別ルームになっている事が大半な為、特に持っていく物はないかもしれません。

ただしプールから上がって休憩する際は少し肌寒く感じる事もあるので、ビーチバックにはタオルや羽織ものの準備する事をお勧めします。

替えの下着と着替え

着替える為に必ず忘れてはいけない物ですね。女性は男性よりも着る物が多いのでかさばってしまうのが難点です・・・。

最近すっかり定着したブラトップなら下着とキャミソールを兼ねているので少しは持っていく荷物が減りそうです!

https://www.instagram.com/p/BxjO-hdB5kR/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

プールから上がって着替えるなら新しい洋服がいいですよね。屋内プールであれば更衣室も恐らく快適に着替えられるんではないでしょうか?

お好きな着替えもお持ちください(笑 

特に汗が気にならなければ、荷物を少しでも減らす為に持ち込まず着てきた物で済ますのも選択肢の一つではありますね!

かな
子ども二人分ともなると結構な量になるのよね・・・。Tシャツだけ変えるかー

片付け用ビニール袋

濡れたタオルや水着を入れられるビニール袋を準備すると便利ですよ!

濡れた物をそのままバッグに入れてしまうとバッグの中が濡れて変色してしまう事もあります。

屋外プールに持っていく物

屋外プールは朝から夕方まで遊んでいるイメージが強いですよね。遊園地と併設している所も多いのですが、今回はプールにのみ絞っていきたいと思います!

水着やタオル

 

こちらは屋内プールと同じですね。水着に付属している物を忘れずにね!ショートパンツやTシャツやパレオなどです。

水着を忘れた事のある私ですが、ビキニ部分は忘れていなかったのでなんとかプールには入る事が出来ました・・・。

かな
あの時は危なかったなぁ

お子さんのビキニもきちんと確認しましょうね!小さな子のビキニってめちゃくちゃ可愛いんですよねぇ♡

屋外プールは紫外線の嵐!ラッシュガードや羽織物は必須ですね。ほんの数時間で焼けてしまいますならね。油断は禁物です。

プールからあがった時や休憩中に必要なタオル。子どもの分も合わせるとバスタオル1〜2枚フェイスタオル2〜3枚程度はあった方が安心かもしれません。

かな
子どもの数が多いとタオルだけでも結構な数になりますよね・・・。

プールバックやポーチなど

屋内と違って屋外プールは広い為飲食店や自販機など沢山あると思います。しかし財布ごと持っていくのは流石に怖いですよね。

そんな時用にポーチなどに必要最低限のお金を入れておきましょう。屋外プールだとリストバンドに付いているICチップでお支払いも可能で、

余った分は返金もしてもらえるので電子マネーをチャージすればお金も持ち歩かなくて良くなります。

夏の暑い日ですが、

日陰にいくと案外涼しかったりもするので羽織物やタオルもプールバックに入れて持っていきたい所です。

替えの下着と着替え

こちらも屋内プールと大差ないと思います。プールから上がったら着替える為に必ず必要な物ですね。

最近すっかり定着したブラトップこれなら下着とキャミソールを兼ねているので少しは荷物が減りそうです!

また洋服も屋内と違って屋外は汗だくになりますから少し湿った服を着るのもなんだかねぇ・・・。

簡単に着替えられるようにマキシワンピースなんてどうでしょう?最近だとブラトップ内蔵のワンピースもあるそうですよ!

それなら下着も一枚省けるしかなりいい感じですよね!

バスタオルの代わりにラップタオルはオススメです。小学生の時にみなさん一度は使った事があると思います。

最近では大人用でも出ていて身体を拭きながら着替えもしやすいのでいいと思いますよ!

かな

女の子にはムームーなんてのも可愛いと思います!

子どもあるあるなんですが、女子は色々洋服のバリエーションがあるのに男の子はTシャツとハーフパンツくらいしかないんですよねぇ・・・。

あると便利な物

ここからは読者さんのアレンジになってくると思うんですが、私が調べて便利だと思った物をあげていきたいと思います。

レジャーシート

休憩するならやっぱり座りたいし、プールバッグなどの荷物を置いておきたいですよね。しかしそのまま直に置くのは気が引けます。

そんな時にレジャーシートです。その場で休憩が取りやすいですし、

なによりはぐれてしまった時の集合場所として指定しておけば探し回る必要もなくなりますね。

折りたたみのクーラーバッグ

長時間外にいる事になるので、こまめに水分補給をしたいけれど自販機を探してうろうろは大変!

そんな時に冷たく冷やしたお茶が待機していると安心ですね。空になったらたためるので帰りは楽になると思います。

飲み物

クーラーバッグの話に連動して必要な物ですね!しかし水だけでは対策としては少し弱いです。

出来れば塩分の入った飲み物を用意しておきましょう。

汗と一緒に塩分も流れていく為です。足りなくなったり忘れても自販機などもあるので安心ですね。

かな
お父さんに子どもたちを任せて私はビールでも・・・。

天の声

事故防止の為にもアルコールを飲んだらプールに入るのは控えましょうね(笑

かな
・・・はい。

虫よけグッズ

プールで虫除け?と思われがちですが屋外プールは割と緑に囲まれている場所が多いので

水のある湿気った場所が好きな蚊が結構潜んでいます。休憩している時は虫よけ対策も万全にしておきましょう。

かな
子どもって蚊に刺されるとすごっく腫れますよね・・・。

簡易救急セット

子どもは走って転んで擦りむくって事がよくあると思います。

そんな時の為に絆創膏や消毒などを持っていくのがいいでしょう。また、虫に刺されてしまった時の為にかゆみ止めも必要だと思います。

ウェットティッシュ

プールに入っていたら手なんて汚れない。と、大人なら思う所ですが子どもも一緒だとそうもいきません。

どこで汚したの!?という感じで子どもの手は割と汚れている事が多いでしょう。

屋外プールは一日いる事が多いので、飲食も必要ですよね。ですのでお昼ご飯を食べる前などに

ウェットティッシュがあると便利です。食べ終わったあとに口周りを拭いたり便利ですね。

片付け用ビニール袋

濡れたタオルや水着また、レジャーシートを入れられるビニール袋を準備しましょう。

濡れた物をそのままバックにいれてしまうとバッグの中が汚れる事も。

また、飲食のゴミもそのままには出来ませんからひとまとめに捨てられるようにすると便利です。

その他

子どもに必要な物

流石に子どもをずっと抱っこしている訳にもいきませんよね。

お子さん連れの場合は浮き輪やビーチボールも必要です。行く予定のあるプールのサイトでどのような形状やサイズを持っていけるか?

などの確認が必要です。小さなお子さん用にアームヘルパーなんかも便利ですね!

ゴーグルもあると便利でいいですよね!意外と目にしみません?(汗 

お子さんによっては目を開けるのが苦手な子もいるので準備しておいた方がよさそう。

かな

浮き輪で浮いているとはいえ何があるか分からないので目を離す事は絶対にやめましょうね!

おむつが取れていない子でも入れるプールもあるので、水遊び用のおむつが必要です。

たまに誤解をしている人がいるかもしれませんが、吸水性はないのです。

ですので要所要所できちんとトイレに連れて行ってあげてくださいね。また、水遊び用のおむつはあくまでもおむつです。

水着ではないので、おむつを履かせてから水着を着せてあげてください。

おむつを付けた子は入れないプールもあるのでその辺もきちんと調べる必要があります。

日焼け止め

これは必ず必要です。以前プールへ行った時に

かな
どうせ水に浸かるし日焼け止めはいっかー。

と、高をくくっていたら大惨事ですよ!火傷状態で皮膚科で薬を処方してもらう事態に・・・(トホホ 

曇りの日は紫外線がより強いとも言いますし、必ず塗布するようにしましょう。

1時間置きくらいがいいようなので、休憩する時に塗り直すって感じになると思います。

帽子

日焼け関連には欠かせない帽子!熱中症対策としても有効です。ラッシュガードにフードがついていれば

それでも良いかもしれませんね。しかし過信は禁物です。日陰できちんと休憩を取るようにしましょうね。

移動時のはき物

屋外プールは広いですからビーチサンダルなどのはき物が必要になってくるかと思います。

なぜなら地面が・・・熱い!!!!!火傷しそうなぐらいの温度になりますので、持って行った方が得策です。

ポップアップテント

簡易テントはワンタッチで広がるタイプの物がお勧めです。2〜3人用なら畳んだ時も

そんなに大きくならないし、持ち運びに便利です。簡易テントであれば自分の着替えの前に先に

お子さんの着替えを終わらせる事も出来ますし、日陰に場所を取れなくてもテントがあれば日向でも大丈夫です。

手ぶらで行ってお金を払って有料シートを借りるのも手ではありますが、主婦としては安く行きたい!!

メイク道具など

プールに入ると化粧がどうしても落ちてしまいますよね。塩素の入った水に長時間浸かるので肌のダメージが蓄積されています。

プールから上がったらすぐにケアしてあげた方が良さそうです。きちんとクレンジングで落としてからいつもどおりに化粧水と乳液を忘れずに!

また身体の方も日焼けと塩素で傷ついてる状態なので全身ローションなどで冷やしてあげる事も大事です。

まとめ

屋内プール
  • 水着やタオル
  • 替えの下着や着替え
  • 羽織ものとプールバッグ
  • 片付け用のビニール袋
屋外プール
  • 水着やタオル
  • 替えの下着や着替え
  • ラッシュガードやプールバッグとポーチ
  • 片付け用のビニール袋
  • レジャーシートやポップアップテント
  • 折りたたみのクーラーバック
  • 虫よけグッズ
  • 簡易救急セット
  • ウェットティッシュ
  • 帽子や日焼け止め
  • 移動するための履物
  • 片付け用ビニール袋

と、屋内プールと屋外プールで必要な物を調べてみましたが、気づいた物など出てきましたか?

屋外プールは一日がかりあれを持っていこう!これを持っていこう!と考えているうちに忘れていた・・・・

なんて事もよくあると思います。(私だけ? 屋内プールと違って屋外プールは遠出のイメージなので、

しっかりと準備をしてから行きましょうね!とは言え忘れたとしても今は売店やコンビニもあるので、

大丈夫ですね!(私はよく利用してます・・・。熱中症には気をつけて楽しいプールライフを!

それでは別の記事でお会いしましょう〜!

この記事も読まれています

いいね!と思ったらシェアしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。