花言葉で恋愛におすすめの花は?色によっては意外な意味も!?

花言葉って意識した事ありますか?

よく、「バラは情熱的な愛を示している」なんて言うので、愛する人にバラの花束を贈る人もいますよね。

私は花束なんて、仕事を退職した時位しかもらった事ないですが…。

いつかプロポーズなんかで好きな花の花束なんか、貰ってみたいものですね〜(笑)

ちなみに私はカスミソウっていう花が大好きなんです…

どうでも良いですね(笑)

話を戻して最近の男性は、女性に花束をあげる、なんて事をあまりしなくなったんではないですか??

女性って花束を貰うなんて、普段されない事に驚くけど、意外と貰うと嬉しいんですよ!

なので、今回の記事は男子必見!

恋愛関連の花言葉と、オススメの花のプレゼントをご紹介します!

 

そもそも花言葉って?

起源は17世紀ごろのトルコだと言われています。

トルコには、好意を寄せる相手に贈り物として、花に想いを乗せて贈るという風習があったそうです。

お洒落ですね〜。

日本人は、昔は恋文(ラブレター)でしたよね。

今や手紙もなかなか書かなくなりましたが。

日本に入ってきたのは、明治の初期ごろと言われていて、次第に国独自の風習や、歴史、神話などから

同じ花でも国によって意味が違ってくるそうです。

トルコなど、花言葉を意識する外国の人に渡す時は、ちょっと調べた方が良いかもですね。

 

恋愛におすすめの花言葉

花言葉ってマイナスな表現からプラスの表現だったり、いろいろありますが、今回は恋愛に焦点を絞ってご紹介します。

同じ花でも、色によって意味が変わったりもするので、要注意です。

この花にこんな花言葉が!?ってな感じで、意外な花言葉もあるので必見ですよ〜!

カーネーション

全般的な花言葉
「無垢で深い愛」
色別の花言葉

赤→「母への愛」

ピンク→「女性の愛」「熱愛」「美しいしぐさ」

白→「あなたへの愛は生きている」「尊敬」

黄色→「軽蔑」

紫→「誇り」「気品」

母の日でお馴染みのカーネーションです。

全般的な意味としては、「無垢で深い愛」という意味らしいですが、色別に見るとまた面白い。

同じカーネーションなのに、意味が「愛」から「軽蔑」までありますよ(笑)

黄色が好きだから、黄色のカーネーションの花束を…なんてのはやめて下さいね。

胡蝶蘭(こちょうらん)

全般的な花言葉
「純粋な愛」「幸福が飛んでくる」「根付く」
色別の花言葉

白→「清純」

ピンク→「あなたを愛しています」

お店の回転祝いとかでもよく見かけますよね。

幸福が来ますようにって事なんでしょうね!

あと、個人的に夜のお店にプレゼントとして男性が贈るイメージがあるんですけど…

きっといろんな意味があるんでしょうね(笑)

胡蝶蘭自体が、育てるのに手間がかかる事もあり、高価なものです。

また、花束ではなく鉢植えなので、個人的なプレゼントというより、お店に対してというのが合ってますね。

薔薇(ばら)

全般的な花言葉
「愛」「美」
色別の花言葉

赤→「あなたを愛してます」「愛情」「美」「情熱」「熱烈な恋」

青→「夢かなう」「不可能」「奇跡」「神の祝福」

白→「純潔」「私はあなたにふさわしい」「深い尊敬」

黄→「愛情の薄らぎ」「嫉妬」「友情」

ピンク→「しとやか」「上品」「感銘」

100本の薔薇の花束とか、ドラマでしか見た事ないですけど、薔薇1輪でも十分華やかさがでますよね。

青色の薔薇で、夢かなうと不可能って正反対じゃない?って思ってちょっと調べてみたら、なるほどと思う事が…

青い薔薇について

この青って自然に出来たらすごいと思いません?

身近にある、色鮮やかなブルーをした花は実は人工的に色をつけたものなんです。

じゃあ、自然の青い薔薇ってないのかというと、ブルーローズと呼ばれるものが実在します。

まず最初に、薔薇の花は青の色素を持たないという事を念頭に。

薔薇の愛好家達の間では、青い薔薇というのは夢の世界の存在でした。

なので、青い薔薇につけられていた花言葉は「不可能」

しかし、2004年にサントリーが世界初!

青い薔薇の開発に成功した事で、不可能と思われていた青い薔薇に、「夢かなう」という花言葉がつけられたそうです。

このサントリーが開発した青い薔薇は、ブルーローズと呼ばれるもので、実際の色は薄いパープルに近い感じです。

画像引用元:カラーセラピーランド

赤い薔薇も良いけど、意味を知ったら青い薔薇も素敵ですね!

チューリップ

全般的な花言葉
「誠実な愛」「愛の芽生え」
色別の花言葉

赤→「愛の告白」

黄→「望みのない恋」「名声」

白→「失われた愛」

紫→「不滅の愛」

ピンク→「愛の芽生え」「誠実な愛」

チューリップって愛に関する花言葉なんですね。

身近な花にこんな花言葉があったとは…。

コスモス

全般的な花言葉
「愛情」「調和」
色別の花言葉

赤→「愛情」「調和」

白→「優美」

ピンク→「純潔」

黄→「野生的な美しさ」「自然美」「幼い恋心」

黒→「恋の終わり」「恋の思い出」「移り変わらぬ気持」

コスモスは毎年秋になると、観に行きたくなるんですよね〜。

でも、黒のコスモスがあるのは知らなかったです。

画像引用元:カラーセラピーランド

黒といっても赤紫の濃い色って感じですね。

チョコレートコスモスって言うみたいですよ。

黒の花って珍しいですね!

〜番外編〜

冒頭ご紹介した、私の好きな花。

「カスミソウ」

この花の花言葉も色によって変わるそうですが…

私は白しか知らない(笑)

「清らかな心」「無邪気」「親切」「幸福」

ピンクと白があるそうで

ピンクは「切なる願い」「感激」という意味もあるそうです。

脇役のようなカスミソウですが、カスミソウが花束の中に無いと、どことなく味気なく無いですか??

意味も良いし、脇役でも名脇役だと私は思います!

 

花の贈りものってどうなの?

女性の大半が、プレゼントで花束ってあまり貰った事が無いと思います。

それは、男性側が花束なんてちょっとキザかな…

なんて照れがあるからじゃないですかね?

恋人に限らず、女性は何かのお祝いの時に花をプレゼントされる事を嫌がる人は、ほとんどいません!

あまりに大きな花束を貰ったら、持ち運びに困ったりっていうのもあると思いますが(笑)

自分で花なんてなかなか買う事がないので、同僚などからでも、

小さな花束なんかを「感謝の気持ちに」なんて感じで送られると、嬉しく思うんですよ!

今はミニブーケだったり、プリザーブドフラワーなど、可愛い小さなお花のプレゼントも沢山あります。

ナルシストやキザなんて思わず、想いを花にのせて気になる人や彼女にプレゼントしてみては?

どんな花を選べばいいの?

おそらく花をプレゼントしようと思っても、どんな花がいいの?

というのが1番の悩みだと思います。

  • 相手が好きな花を知っていれば、それをベースに作ってもらう
  • 相手の好きな色で作ってう
  • 花言葉から花を選ぶ
  • お店の人に相談

花をプレゼントする時は、こんな感じで選ぶと良いと思います。

どんな花がいいか分からない…

店員さんと相談するのも恥ずかしい…

そんな時に花言葉を知っていれば、

「この花をベースにお願いします」

と伝えれば、店員さんのセンスで素晴らしい物が出来ます!

渡した時に、なんでこの花なの?って聞かれても、

「この花には〇〇って意味があるから、プレゼントしようと思って」

って言われると、いろいろ考えて選んでくれた事も伝わり、尚良いですね!!

片思いの相手に対して

さて、恋愛関連の花言葉をご紹介したので、それを活かしていかないとですよね!

でも、いきなり付き合ってもないのに花をプレゼント!なんてハードル高く感じますよね…。

でも安心して下さい!

誕生日などのイベントに乗じて渡しちゃえば良いんです!!

花だけが恥ずかしいなら、プレゼント+ミニブーケとか。

花束自体ハードル高いわ!って人は、ハーバリウムや、観葉植物などの置物もありますよ!

観葉植物の代表的なサボテンには、「枯れない愛」「燃える心」「偉大」「あたたかい心」

という花言葉もあるんです。

ハーバリウムにはいろんな花が入っているので、好きな色や、気持ちと重なる花言葉がついた花が入っている物を選ぶといいでしょう。

ハーバリウムや観葉植物なら、花束よりハードル低いですよね。

また、ソープフラワーといって、香りを楽しむ花の形をした石鹸というのもあります。

本物の花ではありませんが、本物に引けを取らないくらい綺麗な花石鹸です。

飾っても良し、お風呂に浮かべて泡風呂にするも良しなんで、貰った側もいろんな楽しみ方が出来ます。

渡す側も、本物の花より渡しやすいかもしれませんね!

こっそり気持ちを伝えちゃいましょう!

恋人に対して

恋人には、渡せるタイミングなんて山程ありますよね。

誕生日、記念日、プロポーズ、なんもない日にサプライズで…

好きな人から貰うんだから、嬉しいに決まってます!

何を貰っても嬉しいんですが、花言葉などの意味を込めてプレゼントすると、より愛が伝わります!

プリザーブドフラワーでお手入れも簡単だし、せっかくの薔薇なんで華やかにプレゼントしてみてはどうでしょう?

テディベア好きなら、こんなのも良いですね。

何をあげてもいいんですが、相手の事を考えて選ぶの事が大事ですよ!

お忘れなく!!

家族間でも

家族間でも感謝の気持ちに花をプレゼントしてもいいですよね。

旦那さんから奥さんに、日頃の感謝を込めて。

//www.instagram.com/embed.js

いい夫婦の日だからなに?って感じの男性も多いのでは?

そんな時に、いつもありがとうの気持ちを込めてお花をプレゼントしてみて下さい!

今日はお酒飲んでいいよ!って感じで奥さんの気分も良くなるかもですね(笑)

誕生日や結婚記念日に。

 

View this post on Instagram

 

#家族からの贈り物 #バースデープレゼント #花を貰った #誕生日 #花のプレゼントは嬉しい

Miyuさん(@paintmamamiyu)がシェアした投稿 –

//www.instagram.com/embed.js

大切な日を忘れていない事にも感激です!

こういったちょっとしたサプライズがいいですよね。

子供からお母さんに、感謝を込めて。

//www.instagram.com/embed.js

1人でお花屋さんで注文してきた事を知ると、子供の成長も分かって嬉しいですね。

貰った花って家のどこかに飾りますよね。

花が家に飾ってあると、凄く家が明るくなるし、自然と笑顔も増えますよ!

 

まとめ

どうでしたか?

お花のプレゼントしようかな?って気持ちになりましたかね??

ここで花言葉についてのまとめです。

  • 花言葉は国によって違ってくる
  • 同じ花でも色で意味が変わるので注意
  • 想いをのせて花をプレゼントしよう
  • 困った時は店員さと相談

花言葉って、日本だとまだ馴染みがあまり無いですが、だからこそひっそりと想いを伝える手段としては最適かもしれませんね。

母の日にカーネーションばかり送ってましたが、感謝の意味を込めた別の花をプレゼントしてみるのもいいかも…。

この記事を読んで、

日頃の感謝や、好きな人に、特別な日に、ちょっと花でもプレゼントしようかな、なんて思ってもらえたなら良いなと思います!

この記事も読まれています

いいね!と思ったらシェアしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。