夏本番!そんな夏に見たくなるおすすめのドラマって何がある?

みなさん夏に見たくなるドラマといえばなんでしょうか?やっぱり暑い夏には夏を舞台にしたドラマが見たくなりますよね!

こちらでは私が個人的におすすめするドラマをご紹介したいと思います。

 

ウォーターボーイズ

といえばやっぱりこの作品ですよね!この作品を知らない人はいないんじゃないでしょうか。

夏になるとやっぱり見たくなるんですよね~ウォーターボーイズ。TSUTAYAなどでも夏になるとかなり高い確率で借りられています。
https://twitter.com/be_fragrant/status/1143835048770039810?s=09

このドラマは舞台が映画版から2年後の話で、シンクロに憧れた進藤勘九郎(山田孝之)が唯野高校水泳部に入部して、学園祭のシンクロ公演でリーダーに選ばれます。

シンクロに憧れた立松憲男(森山未來が転校してくるが、突如シンクロ公演が中止されることに。さまざまな問題にぶち当たりながらもシンクロ公演を目指していく 。

またエンディングの福山雅治さんの虹がいいんですよ~!ストーリーも青春真っ只中でめちゃくちゃ爽やかなドラマです。

ウィーターボーイズ2は市原隼人さんが主演なのですが、そちらもまた出演している方々が変わっているので面白味が違っていいですよ。

ちなみに映画版は妻夫木聡さん主演です。この映画版が最初に始まったウォーターボーイズですので、見ておくとドラマ版が更に楽しめるかと思いますよ。

映画版ならではのドタバタ感、玉木宏のアフロ姿(カツラ)、劇中のBGMなんかも違いますので、映画版の珍道中をご覧いただいたあとでも遅くはないですよ☆
https://twitter.com/_yabeeyo/status/1018376112563318784?s=09

 

17才-at seventeen-

この作品知ってますか?知る人ぞ知る的なドラマの様な気もします。1994年放送のドラマなので結構古いドラマですね。

なんか頭の片隅に誰かが海に飛び込むシーンが記憶にあるんですよね

もしかしたら私の中のイメージかもしれませんが、たぶんそんなシーンがあったと思います。なかったら記憶違いですね。

このドラマは主題歌がいいです。TRFSrvival Dance~no No Cry More~ なんですがこの曲すごく印象に残っています

これも学園ものなんですが、ウォーターボーイズのように爽やかなドラマではありません。結構ハードな内容だった記憶があります。

学園モノのドラマは多いですが、このドラマのように全てをさらけ出すような作品はあまりないんじゃないでしょうか。

当時だから放送できたような内容ですけれども、これは結構リアルを描いてるんじゃないでしょうか。萩原聖人さん主演の「若者のすべて」のような雰囲気もありますね。

友人
あったよね~若者のすべて。確かにちょっとそういう雰囲気はあるかも。

あのドラマもなかなかハードだったからねぇ。17才は是非DVD化して欲しい作品よね。

かな
うんうん、是非DVD化求む!

あらすじは、翠(一色紗英)はセントウェルトン高等学院に通う高校生で、同級生の恭一(武田真治)玲奈(シューベルト綾)雄司(伊崎充則)浩介(山本太郎)と過ごしている。

そこに幼馴染みの巧美(内田有紀)が突然現れる。

内田有紀さんが主演で高校生役で出ています。他には武田真治さんや一色紗英さん、山本太郎さんなども出ており豪華な出演陣です。

一色紗英さんは今はあまりテレビには出ていらっしゃらないですが、当時人気でドラマにもよく出ていらした女優さんです。ポカリスエットのCMが印象的です


https://twitter.com/nyoroko3f/status/31304852990599168?s=09

調べたところこのドラマはボクたちのドラマシリーズからの派生作品らしいです。派生作品とは既存の作品から派生した作品のことです。

いわゆるスピンオフと呼ばれているものですね。

この作品は残念ながらDVD化はされていませんが、YouTubeなどで見られるかもしれませんので見られる方は見てください。おすすめのドラマです。

 

エンジン

エンジンはみなさんご存知の木村拓哉さん主演のドラマです。

木村拓哉さんが出演しているドラマは面白いものが多いですが、今回は夏ということでこの作品を選びました。

ドラマ中の曲もいいので私はサントラを買いました。OPのAerosmithAngelがめちゃくちゃカッコいいです!

神崎次郎(木村拓哉)はヨーロッパのセカンドドライバーとして所属して、レースではないのに自分をアピールしようとしてファーストドライバーを追い抜いてしまう。

この時にうさぎとかめの童謡をもじった歌を口ずさむんですが、これがまたいい(笑

お互い熱くなり結果的に次郎はスピンしてしまいます。そしてクビになってしまうところからお話が始まります。

まず始まりがカッコいい。バス?(芸能人でいう楽屋みたいな感じ)の車内から始まり、木村さんが上半身裸で出てきます。

そして香水を振りかけて一呼吸おいてジャケットを着る。この一連の流れが男らしくてカッコいいんですよね。

次郎は年齢的なこともあり日本に帰国し、行くところもないのでとりあえず以前出て行った実家に居候する。

父(原田芳雄)と姉(松下由樹)は実家を利用して児童養護施設を経営していた。

そこには家庭環境がよくない子供たちと、子供たちの世話をするちょっとおっちょこちょいな朋美先生(小雪)と、現実的な鳥居先生(堺雅人)と一緒に暮らすことになる。

次郎は再びレーサーに復帰することが出来るのか?というような内容です。
https://twitter.com/RyoSugano/status/1135899608633135104?s=19

エンディングで夏のジリジリしたコンクリートの上をティアドロップのサングラスをかけて颯爽と歩く次郎がカッコいいです

エンディング曲(I can see clearly now)も夏らしくて最高です。まだ見ていないという方は是非見てください。次郎から諦めない心を感じられるかと思います。

 

僕だけのマドンナ

これはちょうど夏の時期にやっていてお祭りなんかもちらほらやっており、このドラマを思い出すと屋台やら浴衣が同時に思い出されます。

2003年の月9ドラマで、主演は鈴木恭一(滝沢秀明)、片岡するみ(長谷川京子)。当時の二人といったらもう…美男美女で憧れていました。

またハセキョンの小悪魔っぷりがたまらないんですよ。恭一がキョンと呼ばれているのでちょっとややこしいんですが笑

あらすじは、大学で建築を学ぶ恭一がある日、自分の部屋に不法侵入していた年上の女性と出会う所から始まります。

彼女は恭一の向かいのマンションに住んでいるかつて結婚を約束していた男性が、他の女性と結婚すると聞き、恭一の部屋で見張りをしていたという。

恭一はこの女性に振り回されつつも謎の多い彼女にどんどん惹れていってしまう恋愛ドラマです。

このドラマも主題歌がいいです!サザンオールスターズの「涙の海で抱かれたい~SEA OF LOVE~」この歌を聴くだけで夏を感じられます。

すごく夏を感じられるドラマだと思います。


かな
するみが「冷やし中華が食べたい」と言い恭一がコンビニに走るんですよ。

ちょうど冷やし中華が2つあるんですが、男性に2つともとられてしまうシーンが印象に残っています。

 

ビーチボーイズ

そして夏といえばやっぱり…ビーチボーイズ!反町隆史さんと竹野内豊さんのダブル主演作です。ビーチボーイズを見ないと夏は始まらないといってもいいくらいです。


https://twitter.com/TakeruOzaki/status/1128605064493322241?s=09

その他の出演陣も豪華でして、広末涼子さん、稲森いずみさん、マイク真木さん、佐藤仁美さん、などなど出演されてます。

この頃の広末涼子さんや佐藤仁美さんはまだ10代で初々しかったですね。

このドラマはとにかく主演の二人がカッコいい!抜群にカッコいいです。当時、反町隆史さんが23歳。竹野内豊さんが26歳。二人とも大人っぽくて全然20代に見えません
https://twitter.com/kk_eow/status/207372199743586305?s=09

特に反町隆史さんが23歳でその渋さを出せる?という風貌で、この年齢であそこまで大人っぽい雰囲気の俳優さんはなかなかいませんね。キャラもハマり役です。

あらすじは、彼女に振られて行く当てを失った桜井広海(反町隆史)、大企業に勤める鈴木海都(竹野内豊)は失敗してプロジェクトを潰し外される。

出会うことのないような二人がしばしの休息を求めてたどり着いたのは民宿ダイヤモンドヘッド…。とだけ言っておきます。

ここで二人は一夏の青春を謳歌するといいますか。非常に楽しい夏であり、儚い夏であり、花火のようなドラマです。

そして反町隆史さんが歌う主題歌であり挿入歌でもある「Forever」これがめちゃくちゃいいんですよ!本当にいい。この歌に夏を感じます。

みなさん夏はビーチボーイズですよ。ひとときの夏を感じさせてくれます。


https://twitter.com/masakimoi1/status/1152546599127535616?s=19

広海の台詞で「こんなに一つの場所にずっといたいと思ったのは初めてなんだよね」というのがあります。

生きていく中でこんな風に思える場所っていくつもないですよね。是非人生でこういう場所を増やしていきたいですね。

 

まとめ

夏に見たくなるドラマ5選
  1. ウォーターボーイズ
  2. 17才-at seventeen-
  3. エンジン
  4. 僕だけのマドンナ
  5. ビーチボーイズ

全部見たよーって方もいらっしゃるでしょうか?まだ見てないという方は今すぐTSUTAYAに走ってくださいね笑。

ドラマの紹介というより主題歌の紹介みたいになってしまった気がしなくもないですが。

でもいいドラマには必ずいい音楽があります。それくらいドラマの主題歌の印象っていうのは強く残ります。そちらのほうも一緒に楽しんでいただけたらと思います。

それと記事を書いていて気づいたんですが、17才、僕だけのマドンナ、ビーチボーイズが岡田恵和さんという同じ脚本家でした。ちょっとびっくりしました。

あ~まだまだいいドラマっていっぱいあるんですよね~!今回は夏のドラマということなのでこの辺で。

みなさん良い夏をお過ごしください!

 

この記事も読まれています

いいね!と思ったらシェアしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。