ザブトンの部位や特徴って?いろいろな食べ方で食べてみよう!

焼肉と言えばカルビやハラミ、タン、ホルモンなどお店によっては数十種類以上の部位を扱っていて本当に目移りしちゃいます。

その中でも「ザブトン」と言う名前のお肉があるのを知ってますか?ちょっと不思議な名前のお肉ですよね。

一体どんな種類のお肉でどんな部位なのか、味はどんな味がするのか想像すると名前だけでは更に謎が深まるばかりなザブトン。

私は一度だけ結婚前に焼肉店で食べた事あるんですが、今は子供が居るので基本子供が好きなのを食べれるように外食で食べ放題とかに家族で行っても、色んな食べ物がある場所をなるべく使うので他で食べられる場所がわからず…。

今回はそんな「ザブトン」について色々詳しく調べてみました。

ザブトンとは

まず、気になるのはザブトンは一体どの部位から取れるものなのか、あまり馴染みのない名前なので相当希少価値の高いお肉なのか、味はどうなのか気になりますよね。

鳥、豚、牛のお肉の種類のどれに当てはまるのか、スーパーなどではあまり見かけないので馴染みのないお肉です。

私は最初焼肉店でザブトンを見た時は思わずオススメですと書いてあるものの何か分からず聞いてしまいました。

かな
このオススメと書いてあるザブトンは一体どんなお肉なんですか?
店員さん
こちらのお肉は牛肉でしてとても肩ロースから取れる希少価値の高い部位になります。
かな
なるほど!ありがとうございます。

私が結婚前に旦那と旦那の上司の紹介で行ったこの焼肉店は地元の人達に凄く愛されているお店で、店長が女性なんですが愛想いいし、全体的に値段がリーズナブルなのもあり、そんなお店に高級肉があると余計興味をそそられました。

実際に行ったことのあるお店を少しご紹介。

 

部位

牛肉で希少価値が高い肩ロースと言う説明をもらっても、そもそも肩ロースがどこの部位なのかがピンと来にくいですよね。

こちらの動画を参考にご覧下さい。

肩ロースの中でも凄く希少価値の高い部位で1頭から取れるザブトンの量はなんと3~4kgと限られています。

確かにこれだけ希少部位となるとデパート内のお肉屋さんにはあってもスーパーではなかなか見かけないのは納得。

ちなみに希少部位と言われても気になるのはどれだけ肩ロースと値段が違うのか比べてみましょう。

値段比較
  • 肩ロース100g702円
  • ザブトン100g1,650円

多少価格の変動はありますが、同じ牛肉の部位のはずなのにちょっと違う部分なだけでこれだけ値段が変わってしまうとは…。

ちなみに1番高いザブトンはなんと1004,047~高すぎてびっくりしました。

Instagramにて希少部位の盛り合わせを載せてる方がいたのでご紹介します。

 

ザブトンの名前の由来

ザブトンの名前の由来が気になる前にまず、ちょっと気になった事がありました。

それがザブトンは「ハネシタ」、肩ロースは「クラシタ」と言う別名があるそうです。

ザブトンとは、クラシタのあばら側へと続く肩ロースのこと。クラシタ同様、ロースの中でも最も美しいサシが入っている部分をそのように呼ぶことが増えているようです。正確には、チャックロールと呼ばれる部位の外側をザブトンと呼び、内側のチャックアイ(カタロース芯)と区別します。サシはありますが、後味にいやみがなく上品で、とろける食感とコクのある味わいを存分にお楽しみいただけます。特上ロースということで商品提供することもありますが、最近ではクラシタやザブトンと呼ぶことも増えてきています。ザブトンは、ハネシタと呼ばれることもあります。

焼肉大辞典

意外にもザブトンは別名があり、お店によって呼び名はバラバラですがお肉は同じなんでちょっとややこしいです。

何故ザブトンと呼ばれるようになったかの由来ですが、なんと見た目が四角くて座布団に似てるからという単純な理由でした。

見た目は確かに四角くてちょっと厚みがあって言われてみれば比べてみると座布団に似てる気もしなくないので名前の由来になるのもわかります。

もし、どこかでザブトンを見かけたらちょっと見比べて見てみたら面白いかもしれませんね。

希少価値ランキング

気になったので希少価値の高い牛肉の部位ランキングを作ってみました。

意外と希少価値のある部位自体あまり馴染みのないものもあるかも知れませんが参考程度にどうぞ。

希少価値
  • 第6位ガブリ
  • 第5位トモサンカク
  • 第4位三角バラ
  • 第3位ザブトン(ハネシタ)
  • 第2位ミスジ
  • 第1位シャトーブリアン

ふるさとNAVI参考

意外にもこの他にも沢山種類があり、値段のランクも100g900円台~あり、シャトーブリアンと言えば凄くお高くて誰でも1度は耳にはした事あるような高級肉なので、最高値段は2万円を超えるのまであり、希少価値1は納得です。

では、どこで希少部位が食べれるのか、デートや誕生日祝い、結婚祝いや家族で外食や女子会向けのお店を高級店とリーズナブル店に分けていくつかご紹介します。

特徴

ザブトンの特徴と味について色々お話していきたいと思います。

ザブトンの特徴
  • 牛肉の部位で1番霜降り
  • 1頭から3~4キロしか取れない
  • 柔らかい
  • 赤みの色が濃い

特徴的な赤みと霜が目立って綺麗なお肉だなとメニューなど見ても思う位、本当に赤くて四角いのが特徴的で写真や動画を見てるだけでも伝わるこの柔らかさと油の乗りが食欲そそります。

お店によって違うんですが、ザブトンはだいたい薄くカットされていて凄く柔らかいので半冷凍状態、カチカチに冷凍状態、生の状態のどれかで提供されます。

私が初めて食べたお店では半冷凍か、冷凍状態でだいたいテーブルに運ばれてきて、何故半冷凍や冷凍状態で運ばれるかと言うと注文を受けてから切り、食べ比べしてる合間に自然解凍し、焼いてもらうためらしいです。

超高級店などはその日仕入れたばかりの状態で提供するため冷凍や自然解凍せず、生の状態で楽しめるそうです。

 

ザブトンの特徴である柔らかさのおかげで、ご年配者にも食べやすくて好評のお肉なんだそうです。

ザブトンの味

凄く脂が多くて、胃もたれしやすいのか、牛肉特有の臭みがあるのかなど色々気になりますよね。

気になる味はステーキ用などのカットは脂が凄く多く少し筋が柔らかくて口の中で溶ける。

焼肉等で食べるカットは薄く脂は多いんですが口の中でスっと溶けて、牛肉特有の臭みは少なかったです。

希少価値だけあって脂が多いのは仕方ないし、ちょっとだけ筋っぽさもありますがこれだけ柔らかく、口溶けがいいのならそれも気にならないほど。

ちなみに気になるカロリーですが100500kcalと結構高カロリーですが、希少価値の高い牛肉なら少々高くても食べたくなりますね。

肩ロースは100253kcalとザブトンに比べたら同じ部位なのに約半分もカロリーの差があり、意外と他のお肉のカロリーが低く見えちゃいます。

でも、鶏肉、豚肉に比べたら元々牛肉の方が脂っこいし、臭みも少しあるのでカロリーは気にしないで美味しく食べたいですね。

食べ方

どんな食べ方があるのか気になりますよね。

私が知ってるのは焼肉店でしか見た事がないので他にないかなと思って色々調べてみました。

ザブトン刺しの炙り

かな
こんなサッと炙るだけでいいのはお店自慢のお肉なんだね!
牛肉はちょっと赤いくらいが口溶けがいいから最高なんだよ。

ザブトンステーキ

かな
ガーリックや岩塩でシンプルな味付けにして食べたい~
ステーキはガッツリ食べたいからこれ位肉厚なの食べてみたいな~

炙り肉寿司

 

かな
肉寿司に岩塩少しかけて食べたら凄く美味しいよね。あっさりして食べやすかった。
俺は醤油派かな。脂と絡まって美味しい。
かな
今度子供達の誕生日会とかで作ってみようよ!
いいね!子供達には手まり寿司みたいに小さくしてあげたら食べやすい。

ザブトンのすき焼き

かな
ザブトンのすき焼きって普段のすき焼きとイメージ違った。
これはもう特別な日にお店で食べたいね。卵も黄身が濃くて美味しそう。
  • しゃぶしゃぶ
  • すき焼き
  • ステーキ
  • 肉寿司
  • トンカツ
  • ローストビーフ
  • 焼肉

焼肉以外に動画で紹介できたのは一部ですが、こんなに食べ方があるとは知らなくて驚きました。

ステーキ、とんかつ、焼きしゃぶなどは簡単に真似できそうなんで、ちょっと作ってみたくなりました。

肉寿司は家では食べれないと思ってたんですが、意外とちゃんと炙れば新鮮なお肉なら肉寿司は作りやすいのでお祝い事には是非試して欲しいです。

薬味

ちょっと脂があるザブトンですが、一体どんな薬味が合うか気になり少し旦那と話してみました。

かな
ザブトンて言うお肉は、何の薬味なら食べやすいと思う?
そうだな~脂乗ってるなら塩や生わさびとかはあっさり食べれそうじゃないかな。
かな
そう言えばテレビでとんかつにピンクの岩塩かけてたり、肉寿司にわさびつけてるね。
あとはやっぱり醤油が合いそう。

脂乗りがいい分あっさりした食べ方には岩塩、生わさび、醤油で焼肉や肉寿司、とんかつなどが男性、女性問わずオススメです。

他には柚子胡椒やレモン汁、大根おろしを乗せたり、焼肉のタレの辛口や中辛をかけて丼にして食べたり、サンチュに巻いて食べたら美味しそう。

でも最初から味をつけて食べるよりは徐々に味を変えて楽しむのが1番お肉の色々ないい部分を引き出せそうですね。

まとめ

牛肉の部位と言っても細かく分けると沢山あって、それぞれがいい特徴と味がありますね。

では、ザブトンについてまとめてみました。

ザブトンについて
  • ザブトンとは肩ロースの部位
  • ザブトンの別名はハネシタ、クラシタ
  • 脂乗りがあり、赤みが濃く、柔らかい
  • 焼肉以外にも色々な食べ方がある
  • 年配者にも柔らかくて食べやすい
  • 希少価値のあるお肉
  • 一頭から3~4kgしか取れない
  • あっさり系の薬味が凄く合う

何だか凄くお腹が空く記事になりましたが、今度ザブトンを見かけたら是非食べてみて、どんな調味料が合うのか参考に教えてください♪

この記事も読まれています

いいね!と思ったらシェアしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。