ノンアルコールで酔うって本当?空酔いについて調べてみました。

暑い季節が近づいてきましたね。

夏になると、どうしても飲みたくなるのがビール!ですよね。

外から帰ってきて、冷た~いビールをぐいー!

…ってやりたいところですが、酔っ払ってしまうと、後が困ることも。

  • 車の運転をしなくていけない
  • 仕事や家事が残っている
  • 二日酔いになったら明日の仕事に差し支える

 

そもそもお酒に弱くて、あまり飲まない人も少なくないですよね。

そんなとき、「ノンアルコール飲料」、ノンアルはとても頼りになります。

最近のノンアルコール飲料は、外観も味もお酒にそっくりですよね。

グラスに注いでしまえば、もうどちらがアルコール飲料か見分けがつきません。

飲んでも、すぐには分からない、なんてことも。

 

でも、ノンアルコールを飲んだはずなのに「酔ったような」状態になることがあります。

それが「空酔い」と呼ばれる症状です。

今回は、ノンアルコール飲料と空酔いについて、詳しく紹介していきます。

本当に0%なの?ノンアルコール飲料の基準

日本で販売されるお酒は、「酒税法」という法律で決められています。

酒税法 第2条  酒類は「アルコール度1度以上の飲料」と定義

引用 e-ヘルスネット ノンアルコール 厚生労働省

つまり、アルコール度数1%未満の飲料は、「ノンアルコール」ということになります。

えっ、アルコール入っているの?
かな
そうなの。“ノンアル”って表示されていても、含まれているものもあるのよ。
じゃあ、たくさん飲んだら酔うね。車は運転できないなぁ。

そもそも、ノンアルコール飲料が本格的に作られたのは、飲酒運転を減らすため。

それなのに、はじめのうちは“ノンアル=アルコールが全く入っていない飲み物”

と勘違いして、飲酒運転で警察に検挙された、という本末転倒なことも

 

でも、ご安心ください。

現在、大手のビールメーカーで発売しているノンアルコール飲料のほとんどは、“Alc.0.00%”

つまり、アルコールは含まれていません。

主なビールメーカーのノンアルコール飲料
  • アサヒ ドライゼロ・ドライゼロスパーク・ドライゼロフリー・スタイルバランス・アサヒヘルシースタイル・ゼロカク・アサヒノンアル
  • サッポロ 麦のくつろぎ・プレミアムアルコールフリー・サッポロプラスノンアルトクホ
  • キリン 零ICHI・パーフェクトフリー・ゼロハイ氷零
  • サントリー オールフリー・のんある気分・まるで梅酒なノンアルコール

また、各ビールメーカーのサイトのQ&Aでは、「ノンアルコール飲料を飲んで運転しても問題ありません。」と回答しています。

注意
ちょっと気を付けたいのが「ホッピー」です。
焼酎と割って飲むときに入れることが多いですよね。
実は、アルコール度数0.8%アルコールが含まれているのです。
でも、度数が1%未満なので「ノンアルコール飲料」になります。 
ねえ、アルコールが入っていないなら、私たちも飲んでいいの?
かな
いや…、これお酒の代わりの飲み物だし、子供には飲ませられないよ。

コンビニなどでは、子供(20歳以下)にノンアルコール飲料を売ってくれません。

「お酒の類似品を買うことは、飲酒を勧めることになる」という意味で、販売は20歳以上を対象にしています。

Alc.0.00%を飲んだのに酔っ払った? プラシーボ効果とは

ビアガーデンや飲み会の席、バーベキューや慰労会、女子会…。

みんなでワイワイやりながら、お酒を飲む場所って楽しいですよね。

そんな時、ノンアルコールビールしか飲んでいないのに、なんだか飲んでいるみんなと同じように、楽しくなって顔も赤くなってきた…。

そんな経験はありませんか?

お酒を飲んでいないのに、まるで飲んだ時と同じような症状がでること。

これを「空酔い(からよい)」といいます。

なぜ、こんな症状がでてしまうのでしょうか?

 

実は、これ人間の脳の錯覚の力が、体に影響したもの。

お酒の席で、お酒にそっくりな飲み物を飲む

  ↓

脳が「お酒を飲んだぞ。」と思い込む

  ↓

以前にお酒を飲んだ時と同じ反応をするように、体に指令を出す

  ↓

顔が赤くなったり、気分が高揚して楽しい気分になったりする

ノンアルコールを飲んだ時、脳はこんな風に反応しているのです。

これは、以前にお酒を飲んだ経験がある人の反応なので、お酒を飲んで酔っ払ったという経験が少ない人には、あまり効果が見られません。

これを心理学の専門用語で、「プラシーボ効果」といいます。

この「プラシーボ効果」は、主に医療現場で研究されてきました。

痛みなどを訴える患者さんに、実際には効果ないものを飲んでもらっても効果が表れる。

このことから、実際の薬の効果を知るために研究されているのです。

 

また、これとは逆に、思い込みで体を悪くすることを「ノセボ効果」といいます。

薬効のない薬なのに「副作用がでるかもしれない」と言われて飲むと、本当に副作用と同じ反応がでたりすることです。

 

かな
昔から言う「病は気から」って本当のことかもしれないね。
そうだね。人間の脳って、本当に不思議だね。

この「思い込みの力」は、暮らしのいろいろな場面で、登場します。

例えば、仕事。

上司たちを前にプレゼンテーションしなくちゃいけない。

こんな時に、「準備はしてきた。資料も完璧。俺ならできる!」と、自分を奮い立たせる場面。

 

恋愛中で、自分をきれいで魅力的に見せたい時。

「ヘアケアもしているし、お化粧もばっちり。今日はいつもよりかわいい。大丈夫。」

と、気持ちを高めてデートに行く場面。

もちろん実際の努力や作業は必要ですが、「思い込む」力が、それをさらに高めてくれるのです。

かな
ねえ、ねえ。見て!買ってきちゃった!ノンアルコールビール!
わっ!どうしたの?こんなにたくさん?
かな
飲むと、脂肪や糖分の吸収を抑えてくれるんだって。これ飲んできれいになるぞ!
いや、ならないでしょ。…これもプラシーボ効果かなぁ…。

こちらは、おすすめのノンアルコールビールセットです。

ノンアルの飲み比べも面白いですよね。

まとめ

ノンアルコール飲料を飲んだのに、酔っ払ったようになる「空酔い」について調べてみました。

  • ノンアルコール飲料はアルコール度数1%未満の飲料のこと。アルコール分を含むものもある。
  • アルコール度数0.00%のノンアルコールを飲んでも酔っ払ったようになることを「プラシーボ効果」という。

これで、お酒を飲めない場面でも、ノンアルで「お酒飲んだぞ」って思って飲めば、本当にテンションがあがりますよ。

アルコールを飲んだ人も、ノンアルコールを飲んだ人も、一緒に楽しく飲めるのがいいですよね。

この記事も読まれています

いいね!と思ったらシェアしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。