土用の丑の日って何?意味や由来を解説!鰻以外にも行事があった

土用の丑の日は鰻を食べる日。

でも、鰻は高級品で、ちょっと手が出ません。

そこで、調べてみたら“う”のつく食べ物を食べれば、夏負けしないという風習が元のようです。

“う”のつく食べ物というと、「うどん」・「うり」・「うめ」…「うし」!

そこで、今年は「牛肉(うしにく)」に変更してみました。

牛肉おいしかったね~。また食べたいねぇ。
かな
そんなに何回も無理だなぁ。お財布の事情として…。
え~、土用の丑の日って、土曜日にうの付くものを食べる日なんじゃないの?
かな
いや、曜日のことじゃなくて、「土用の丑の日」っていう特別な日なんだよ。でもどうして、土用にうの付く食べ物だと、夏負けしないんだろうね?

まだまだ、謎の多い「土用の丑の日」。

土用の意味や由来を知ると、日本の暮らしがみえてきます。

夏だけでない、冬の土用のあれこれもご紹介します。

 

土用の意味・由来とは

土用は、元は古代中国の暦が日本に伝来した時に、二十四節気を補うために作られた「雑節」の1つです。

二十四節気と雑節

古代中国では、太陽の動きをもとにして、夏至・冬至・春分・秋分を見つけ出しました。

けれどもこの4つの太陽の位置は、いうなれば“季節の真ん中”で、季節の始まりではありません

それぞれの中間点に立冬・立春・立夏・立秋を設けて、季節の始まりと終わりを定めたのです。

この8つの季節の区切りに、季節の変化を表す節目を合わせて作られたのが、「二十四節気」です。

ところが、中国から伝わった時、日本の季節とずれていることが不便になりました。

そこで、より季節に即した暦になるように設けられたのが、雑節」です。

9つある雑節のうち、立冬・立春・立夏・立秋の直前の18日間を「土用」といい、一年に4回めぐってきます。

詳しくはこちらをどうぞ。

土用の意味

ここからは、ちょっと「陰陽五行」をもとに考えていきます。

とてもざっくりした「陰陽五行」の説明
この世界の全てのものは、「」と「」で成り立っていると、考えられています。
陰と陽が、お互いに作用する中から、五行(木・火・金・水・土)が生まれました。

五行は、それぞれ自然の様子を表しています。

木…木が芽吹き大きく茂る様を表す。春・青色・東の方角の象徴

火…燃え盛る炎の様子を表す。夏・赤色・南の方角の象徴

金…光輝く金属を表している。秋・白色・西の方角の象徴

水…泉から流れ出る水を表している。冬・黒色・北の方角の象徴

土…種が芽吹き命をはぐくむことを表す。季節の変わり目・黄色・中心の象徴

これら「陰」と「陽」と五行が、どのように影響し合うかを読み解くのが、陰陽道です。
有名な人物では、「安倍晴明」がいますね。

参考サイト:Wikipedia「五行思想」

では、土用とは、本来どんな意味を持っているのでしょうか。

「土用」は正式には「土旺用事(どおうようじ)」という言葉の略語です。

「土旺用事」の“旺”は「物事がさかんになっている」という意味。

つまり、五行でいう「土」の気が活発になっていること、その時期を表しています。

この「土」は季節の運行に欠かせない役割を持っています。

五行を四季に当てはめていったら、「土」が余っちゃた、という訳ではありません。

「土」がないと、季節が廻っていかないので、それぞれの間に位置しているのです。

ちょっと、計算してみましょう
一年を360日として、4つの季節で割ると、360÷4=90
この90日を五行の5で割ると、90÷5=18
この18日間が、1つの土用の期間です。
4つの季節分を足すと、18×4=72
残りの4つの季節も土用の分を引くと、90-18=72
これで、すべて同じ日数になりました。
(ちなみに、現在は太陽と地球の公転の角度で暦を割り出しています。
地球は楕円形の形をして太陽の周りをまわっているので、17~19日間の差が出てきます。)

「土」は五行の中で、“中心”を意味し、大地の農作物を育てる力を司っています。

同時に、腐敗や分解で“土に還す”という働きも持っています。

春夏秋冬の4つの季節の間に「土用」があるのは、季節をきちんと廻らせるため。

春・夏・秋・冬を生み出して、古い季節を還すという役目なのです。

「土用」は季節を確実に巡らせるための五番目の季節」と言えます。

かな
季節の変わり目って、土用のことだったんだね。

季節の変わり目は、体調を崩しやすいものです。

滋養して次の季節に備えようということですね。

もし、土用の間に無理をすると…。

体調を崩すだけではなく、こんな怖いこともあるかもしれません。

土用殺(どようさつ)とは

“殺”という、怖い字が入っていますね。

もちろん、殺されるという訳ではなく、“動きを停める”という意味合いです。

「土」は、季節を廻すための重要な役割があり、「土用」はその真最中。

「陰陽道」では、土の中の土公神(どくじん)が、その役割をしており、邪魔をしてはいけないと言われています。

そのため、土用の期間中、畑仕事や庭いじりなど土に関することは避けること。

これを「土用殺」と言います。

また、引っ越しや結婚、地鎮祭なども控えるべきといわれています。

かな
18日間も待てないって思いましたよね。大丈夫です。

間日」という、土公神さまが天上へ出かける日があり、その日なら動いてもよいとされています

季節ごとの土用の期間中、決められた干支の日があります。

春土用の間日巳・午・酉
夏土用の間日卯・辰・申
秋土用の間日未・酉・亥
冬土用の間日卯・巳・寅

ちょっと、こじつけっぽいですね。

でもこうした決まり事で、「土用の間は滋養せよ」と教えているのかもしれません。

参考サイト:Wikipedia「土用」「土用の間日」

丑の日の由来

土用が大事な期間だということは分かりました。

でも、なぜ“丑の日”だったのでしょうか?

十二支もいるのに、特に「丑」になったのは、なぜ?

実は、諸説ありはっきりしたことは分かっていません。

けれども、先ほどの「陰陽五行」に照らし合わせて、こんな解釈ができます。

参考に一読してみてください。

陰陽五行でみる「丑」の日の由来

五行の元素、木・火・金・水・土はそれぞれ、お互いに影響し合っています。

そのパワーを強める相手打ち負かす相手がいるのです。

ジャンケンのようなものですね。

あちこちに矢印が向いていて、ややこしいですね。

ここで大事なポイントは2つ。

①「火」を強めるのは「土」

②「火」を打ち負かすのは「水」

陰陽五行では、四季や1年12か月、365日を十二支で表しています。

図を見ると、夏土用は旧暦の6月「未」の月になります。

季節は夏なので、もちろん「火」で表されます。

「火」の季節の中の「土」

強め合う性質のものが重なっています。

季節の変わり目で、心身ともに体調を崩しやすい時期なのに、その影響力が倍増です。

いつもより病気に罹りやすくなったり、体力が落ちたり、食欲がなくなったりします。

そこで、考えたのが「打ち負かす相手をぶつけよう!」ということ。

やりかたは簡単。

「火」に強い「水」の気にあやかればいいのです。

「水」の季節は冬で、10月・11月・12月になります。

この中で、同じく土用の期間があるのは、12月=「丑」の月

「未」の月と相対する「丑」の月(12月)の力を借りることにしました。

「未」の月の中にあって、「水」の気が強い「丑」の日に滋養をつける。

この方法で、「火」=夏を乗り切ろうというわけです。

“う”のつく“黒い”食べ物の由来

かな
なるほど~。だから「丑」の“う”のつくものを食べるっていうことだったんだね。

また、“う”のつく食べ物以外にも「黒い色」の食べ物でも良いと言われています。

“黒”は「水」の気を表す色です。

ですから、黒いものも「水」の気を持っていると考えられています。

鰻は“う”(丑)がついて、“黒い”色で、「」の中の生き物。

夏土用の「火」の気を打ち負かすには、最高の食べ物ですね。

ちなみに、江戸時代では「うしの肉」=「牛肉」を食べる習慣はありませんでした。

牛は田畑の仕事を担ってくれる、大事な動物とされていたからです。

江戸時代に、土用の丑の日に鰻を食べることを考案したとされる平賀源内。

庶民の風習を上手に取り入れ、「なるほど!」と思わせたから、現代まで残っているのかもしれませんね。

参考文献:「陰陽五行と日本の民俗」吉野裕子著 人文書院 1983年

鰻を食べる以外の行事

鰻や土用蜆、土用餅、土用卵…。

土用の丑の日に精のつくものを食べることは「食い養生」のひとつです。

それだけでなく、丑の日には夏を乗り切るための、様々な行事があるんですよ。

夏の土用

瓜(うり)封じ・きゅうり加持

夏の野菜で水分を多く含む「瓜(うり)」や「きゅうり」に災厄や疫病の元を封じ込めて祈祷するもの。

瓜に切れ込みを入れて、祈祷を書いた紙を挟み込む加持祈祷もあります。

福岡県筑紫野市 武蔵寺(ぶぞうじ)の「瓜封じ

京都市右京区 蓮華寺(れんげじ)「きゅうり封じ

ほうろく加持・虫封じ

「ほうろく」という素焼きの皿を頭にのせてお灸をすえると、頭痛や虫封じになる祈祷

日蓮宗のお寺がおこなっています。

京都市右京区 三寶寺(さんぼうじ) →  公式HP
千葉県茂原市 藻原寺(もばらじ) → 公式HP

みたらし祭「足つけ神事」

京都府の下鴨神社で行われる祭りです。

境内の「御手洗社」の御池に入って、穢れを流すというもの。

疫病払いや安産にも効き目があるそうですよ。

丑の湯祭

全国各地の温泉地で行われています。

詳しい情報はこちら

寒中(冬)の土用

土用は夏だけではありません。

冬の土用にも行事があります。

寒中の土用丑の日

長野県岡谷市や静岡県がおこなっています。

「冬にも鰻を食べて寒さを乗り切ろう」というキャンペーン。

鰻の旬は、脂の乗った冬です。

夏のかば焼きとは、また一味違う美味しさが味わえます。

寒中丑紅(かんちゅううしべに)

江戸時代~明治にかけて、行われていた風習です。

紅=赤い色のものを唇に付けることで、口から入る疫病や虫を封じるとされました。

この時、一緒に丑の置物を配っていました。

着物の上に、この牛の置物を置いておくと、着るものに不自由しないそうです。

こちらも、「土用の鰻」と同じく、商売上手なキャッチコピーなのかも。

土用波
夏の土用になると、遠州灘や九十九里浜に大きな波が繰り返しやってきます。
天候は悪くないのに、波だけが高くなる現象を「土用波」と言います。
これは、沖縄近海に近づいた台風の風による、海上のうねりが、遠く伝わってくるもの
天気がいいのに大波なんて、気を付けるのが難しいですよね。
サーファーへ注意を呼びかける海岸もあるそうです。

 

まとめ

土用の丑の日の意味や由来について、調べてみました。

あわせて、食べる以外の行事もご紹介しました。

 

  • 「土用」は陰陽五行の「土」がそれぞれの季節を移り変わらせるための移行期間です。
  • 「丑の日」の由来ははっきりしませんが、「火」に対抗する「水」の象徴として用いられたという説があります。
  • 夏の土用の丑の日には、瓜封じやほうろく加持などの行事があります。
  • 寒中の土用丑の日には、紅を買う「寒中丑紅」という風習がありました。

 

行事や風習のなかには、「ちょっとこじつけじゃない?」というものがあります。

でも、暮らしの中の知恵は、それなりに意味を持っています。

昔の暮らしを想像しながら、由来や意味を考えると、今の暮らしにも生かせることがありそうです。

よ~し、寒中の土用丑の日には、鰻重食べるぞ~!
かな
いいね!ボーナス期待してるよ!
…頑張ります。

 

この記事も読まれています

いいね!と思ったらシェアしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。