はっさくをお風呂に入れるとこんな効果が!その他に皮を活用する方法は?

はっさくをたくさんいただいて美味しく食べた後の分厚い皮。ただ捨てるのはもったいない気がするけれどジャムやピールに加工する時間もない・・・。

かな
はっさくの皮を何かに使えないかしら・・・。
ゆず湯で風邪予防ができるならはっさくでも大丈夫なんじゃない?
かな
本当ね!それなら皮を無駄にせずに済みそうね。

1年で最も日照時間が短くなる日を冬至と呼び、ゆず湯に入る風習がありますよね。冬至にゆず湯に入ると風邪をひかないと言われており、お風呂にゆずを浮かべる家庭も多いのではないでしょうか?

ということで、はっさくの皮をお風呂に入れた時の効果と、その他の皮を無駄にしない方法を考えたいと思います。

 

はっさくの皮の成分

はっさく風呂は聞いたことがなかったので、どのような成分が皮には含まれているのかを調べてみました。

オーラプテン

オーラプテンは、柑橘類の果皮部分に含まれる成分です。
はっさくを剥いた時に爽やかな香りがお部屋に広がますよね。柑橘類特有の香りはオーラプテンによるもので、発がん抑制効果があることがわかっています。

特に河内晩柑と呼ばれる品種にオーラプテンが多く含まれていることがわかり、認知機能が低下する原因となる脳内の炎症をオーラプテンが抑制してくれるということが確認されています。

河内晩柑の生産地である愛媛県と愛媛大学や松山大学と研究が進められ、開発された河内晩柑のジュース認知症予防に効果があると確認され機能性表示食品と認可されたそうです。

オーラプテンには体内の活性酸素の増加を抑える効果やダイエット効果、免疫力力を高める効果も期待出来ます。

また、消化器官の働きや細胞の活性化に有効的な成分でもあります。

この香りには高いアロマ効果もあり、肉体的・精神的な疲労感の緩和に繋がります。

リモネン

リモネンは、柑橘類の皮に多く含まれる香り成分です。

柑橘類の香りの成分が体内に吸収されると、脳内でリラックス時に出現するアルファ波が出ることからリラックス効果があるとされています。

時々聞くけどアルファ波って何?
かな
アルファ波とはリラックスしている時に人間や動物から出ている周波数のことよ

この香りの成分は交感神経を刺激させ、新陳代謝が活発になります。このため眠気を覚まし頭をすっきりさせる効果も期待されています。

リモネンは免疫細胞の働きを整えて、免疫力を高めることが知られています。この働きによりガン細胞の遺伝子の働きを抑制し、ガンを予防します。

また、予防だけでなく、ガンの転移や再発の予防ガン治療にも効果が期待されています。

アロマセラピーでは、柑橘系の精油がダイエットに効果的とされていますが、これもリモネンが交感神経を活性化させることで脂肪を分解する働きがあるためです。

リモネンが交感神経を刺激することで血行を促し、体内の代謝消化活動を活発にします。これもダイエット効果に繋がります。

血液の流れが悪循環となる事で新陳代謝の低下だけでなく、肌細胞の機能低下となり、肌荒れやシミ、シワの原因ともなってしまいますが、リモネンは血液循環を良くする働きもあります。

血液循環が良好になる事で、大きなダイエット効果美肌効果に繋がるのです。さらにデトックス効果も期待出来、女性にとっては嬉しい成分となっています。

リモネンは抜け毛の原因となる悪玉酵素の働きを抑制します。

また、リモネンには頭皮に詰まった油や汚れを取り除き、フケ痒みを抑える抗菌作用髪にツヤを与える働きもあり、頭皮の育毛環境を整える働きがあります。

ナリンギン

ナリンギンは、柑橘類の皮や薄皮に含まれる苦味や刺激感の元になっているポリフェノールの一種で、苦味成分です。

抗アレルギーとして花粉症を緩和血中の脂肪酸分解免疫力アップなどに効果があるとされています。

食欲を抑える働きもあり、ダイエットに効果的です。

その他の成分と効能

皮や薄皮にはβカロテンも含まれているので、体内の粘膜を強化する働きに優れており細菌やウィルスから保護する役目にも効果的となっています。

皮や薄皮、筋には食物繊維ポリフェノールなどの栄養が多く含まれており、便秘の予防コレステロールの吸収を押さえる効能、免疫力を高める効果などが期待できます。

また、皮や薄皮、筋に多く含まれるポリフェノールは冷え性肌荒れむくみ自律神経のバランスリウマチなどの改善が期待でき、毛細血管の強化血流改善にも効果があります。

ちなみにポリフェノールとは、植物の苦味、渋味、色素の成分となっている化合物の総称で、自然界に5000種類以上存在しているといわれている栄養素です。

前述したナリンギンもそうですが、すべてのポリフェノールが強力な抗酸化作用を持つため、生活習慣病の予防に効果的であるといわれています。

このように皮に含まれる成分はお風呂に入れても湯船に浸透してくるので、皮を網に入れた湯船に入るだけで肌の外側からもしっかりと浸透していき、あらゆる効能に効果的とのことです。

 

はっさくの皮をお風呂に入れる方法

ゆず湯のように丸ごと入れるのも手軽でいいですが、そうすると実の部分が美味しく食べられなくなるのでもったいないですよね。

皮だけを使うなら生のまま入れる方法と乾燥させる方法があります。

生のまま入れる

はっさくの皮には農薬やワックスが付着している事もあります。生のまま使う場合、皮を傷つけないスポンジ等で洗剤を使わずしっかりと水洗いをしてから入れる事が必要です。

わたの部分がとれたりお湯に入れて揉んだりすることを考えて、生ごみ用のネット等に入れるとお掃除や片付けが楽ですよね。

生のまま入れる場合
  1. 皮をしっかりとスポンジで水洗いする。
  2. 生ごみ用のネットなどに入れてお湯に浮かべる。

乾燥させて入れる

はっさくの皮に含まれている栄養は乾燥させることで成分が凝縮されて効果がアップします。「乾燥の状態」ならば生の状態よりも多くの成分が滲み出る事が期待されます。

はっさくの皮は2日ほど外に干して十分乾燥させます。乾燥させることにより生で浮かべるよりも良い香りがしますよ。

また、柑橘類の皮に含まれる果皮油脂に含まれる油脂分は敏感な肌の人には刺激が強い場合があります。乾燥させることによって油脂分を軽減できるそうですよ。

乾燥させておけば、すぐに使わなくても日保ちもするのでいいですよね。少し手間はかかりますが、よりはっさくの皮に含まれている成分や香りを楽しみたい方であれば乾燥した状態がお勧めです。

乾燥させて入れる場合
  1. 食べ終わったあとの分厚い皮を網やざるに広げる。
  2. 日陰でカラカラになるまで干す。
  3. ネットに入れてお湯に浮かべる。

 

お風呂に入れる時の注意点

あらゆる効能が期待できるはっさくの皮ですが、お風呂に入れる際には注意点もあります。

前述の「はっさくの皮をお風呂に入れる方法」の項目でも触れましたが、はっさくの皮に含まれているリモネンには肌をピリッとさせてしまう働きがあります。

小さい子供や肌が弱い方、傷がある方にとってはこのリモネンの刺激が強い刺激となり、肌トラブルに繋がる可能性があります。

大量に入れれば入れる程刺激は強くなりますので、使用量への注意が必要となります。乾燥させるとリモネンの刺激が緩和されますので、刺激が気になる方には乾燥した状態がお勧めです。

 

その他の活用方法

手間はかかりますがオレンジピールやマーマレードに加工すると美味しくいただくことができます。マーマレードのレシピは数々ありますが、こちらの動画を参考にご覧下さい。

 

この投稿をInstagramで見る

 

* Cream cheese and Orange marmalade stuffed muffins It’s getting hotter day by day and I wanted to eat something citrus sweets 🍋🍊. Cream cheese and orange marmalade is stuffed in these muffins. I love this combination ✨! I forgot to put some honey into the dough 😭, but it became just right thanks to the sugar glaze. * クリームチーズとオレンジマーマレードのマフィン 日に日に暑くなって来て、柑橘系の爽やかな焼き菓子食べたい〜と思って作りました。 中にクリームチーズのかたまりを入れて、その上にオレンジのマーマレードを乗せてます。 この組み合わせは美味い〜〜 生地に蜂蜜入れるのを忘れてて、焼いてる時思い出したんですが😱、 最後シュガーアイシングかけたらなんか丁度良くなったので結果オーライでした(笑) * * #マフィン #クリームチーズマフィン #マーマレードマフィン #手作りお菓子 #手作りスイーツ #クッキングラム #おやつ #手作りおやつ #おうちカフェ #スイーツ #ハンドメイド #お菓子作り #お菓子 #焼き菓子 #muffin #creamcheesemuffin #orangemuffin #homemadebakery #foodphoto #foodie #cake #cakesofinstagram #homemade #baking #dessert #foodgram #yum #yummy #instafood #sweets

Tomo-momo-h(@to____s)がシェアした投稿 –

日保ちもしますし、パンに塗ったりヨーグルトに入れたり、マーマレードを活用するレシピもたくさん紹介されています。

 

まとめ

いかがでしたか?はっさくの皮をお風呂に入れたり食べた時に期待できる効能をまとめたいと思います。

皮に含まれる主な成分
  • オーラブテン
  • リモネン
  • ナリンギン
  • ポリフェノール
期待できる効能
  • 風邪予防と改善
  • がんの予防
  • ダイエット効果
  • アンチエイジング
  • 疲労回復
  • 便秘の予防
  • 花粉症の改善
  • 冷え性の改善
  • むくみの改善
  • 自律神経のバランス
  • リウマチの改善
  • 血流改善

こんなにたくさんの効能が期待できる皮を捨てるのはもったいないですよね。捨てる前にひと手間かけて皮まで無駄なくはっさくを楽しみましょう。

この記事も読まれています

いいね!と思ったらシェアしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。