肉をレンジで解凍するとまずい?美味しい解凍の仕方教えます!!

かな
みてみて~!この美味しそうなお肉!!
おぉ!!すごい!!こんなお肉どうしたの!?早速食べようよ!!
かな
凍ってるからすぐには無理だよ~せっかくなら美味しく食べたいでしょ♪
レンジでやればいいじゃん!!すぐ食べられるよ~!!
かな
うーん・・・そうなんだけど…

冷凍食材をすぐに使いたい!と思ったらみなさんはどうしていますか?

解凍したいのならレンジが早いのでは?と思った方も多いと思います。

ただ、私は以前レンジでの失敗したことがあったのであまり使わないようにしているのです。

その時もお肉の解凍に使ったのですが、中心は凍ったままなのに端だけ少し焼けたような色になってしまって。

そのまま調理したのですがなんだかパサパサしてて美味しいとは思えなかったのです。

なのでレンジで解凍するとまずい!!と思うようになってしまったのです。

なので夫に言われてもなかなかレンジを使う気になれません・・・

でも!せっかくのお肉は私だってすぐに食べたい!!

ということでお肉のレンジでの解凍について調べてみることにしました♪

 

お肉を解凍してまずいと思うのはなぜ?

そもそもなぜ冷凍のお肉を解凍したらにまずいと感じることがあるのでしょうか。

うまみが逃げてしまっている!?

冷凍のお肉を解凍した時に、赤い汁のようなものが出ているのを見たことはありませんか?

赤いので血なのでは??と思う方もいるかもしれませんが、実はあれは肉汁です。

つまり、うまみや栄養素なども詰まっているのです!!

そしてもちろん水分も含まれていますので、お肉自体もパサパサしてしまいます。

この汁をドリップというのですが、これが解凍するときに出やすいのです。

つまり、ドリップがたくさん出てしまう事で解凍したお肉はまずいと感じてしまうのかもしれませんね。

ドリップはなぜでる?

美味しく食べるためにはドリップが出てしまうのが問題だったわけですね。

では、なぜこのドリップは出てきてしまうのでしょうか。

それは冷凍するときにお肉の水分が凍ることで細胞を傷つけてしまうからなのです。

水分は凍ると体積が増えます。また氷の結晶は尖っていることもあり、細胞を傷つけてしまうとも言われています。

そして解凍することで氷が融けると共に、傷ついた細胞からうまみや栄養素が一緒に出てきてしまっていたのです。

ちなみに、ゆっくり冷凍するよりも急速冷凍する方が氷の結晶も小さくできるので細胞を傷つけずに済むそうですよ。

かな
急速冷凍が良いとされる理由はこれですね!

 

ドリップを出さないためのポイント

お肉の解凍においてドリップをなるべく出さないようにすることが重要と言う事が分かりましたね。

ではこのドリップを出さないようにするにはどうしたらよいのでしょうか。

ポイントは2つ

  • 解凍するときは急な温度変化をさせない
  • 冷凍するときはなるべく時間をかけない

だそうです。

解凍するときに急な温度変化を避けるためにはある程度時間をかけてゆっくり解凍する方がドリップが出にくいのだそうです。

やっぱりすぐには食べられないのか・・・

 

レンジで解凍はできる?

美味しく解凍するためにはなるべくドリップをを出さないようにすることでしたね。

そのためにはある程度時間をかける方が良いということも分かりました。

このことを考えると、レンジは残念ながらあまり美味しい解凍の方法には当てはまらないと言えそうです。

ですが、レンジでも上手く解凍ができないわけではありませんよ♪

忙しい人や私みたいに急に冷凍ものを食べたい!と思った人たちには短時間で解凍できるレンジはありがたいものです。

レンジでの解凍はポイントを押さえれば格段に味が変わるようです!

ポイント① 冷凍庫から出してすぐに解凍する!

電子レンジはそもそも食品中の水分子を振動させて摩擦熱を起こすことで加熱されるという仕組みです。

つまり水分に反応するという事ですね。

そのため食材が少しでも溶け始めて水分が周りにある状態でレンジを使うと、その水分が加熱されることによって中心と外側に温度差ができてしまいます。

これが解凍ムラができる原因になってしまいます。

解凍ムラはドリップが出やすくなってしまいます。それを防ぐためにも冷凍庫からすぐ出して解凍することが大切です!

ポイント② クッキングペーパーを使う

ラップに包んで冷凍してあるようなものはラップを外し、クッキングペーパーを敷いた器に移してから解凍するといいでしょう。

解凍をする時には少なからずドリップはでてしまいます。

この水分にもレンジは反応しますので、クッキングペーパーで吸ってあげることで解凍のムラを抑えることができます。

発砲スチロール製のトレイなどに載っている場合は、上のラップだけを外してトレイごと解凍しても大丈夫です。

ポイント③ 解凍ボタンと手動レンジを使い分ける

さて、冷凍庫から出して・・・「あたためボタン」はNGです!!

ちゃんと解凍ボタンを使いましょう。

最近では半解凍解凍の強弱も選べるレンジもあります。

ドリップを抑えるためにお肉の解凍はできれば半解凍がおすすめです。

半解凍がない場合は手動で100 ~200Wの弱加熱を選び、短めの時間に設定して解凍をしていくというやり方が良いでしょう。

かな
そんなに手間に感じることではないのがいいですね♪



おすすめの解凍方法

美味しく食べるための解凍方法もしっかりおさえておきましょう♪

お肉屋さんもおすすめする解凍方法を紹介しますね!

冷蔵庫で解凍する

やはりこの方法が簡単で一番ドリップを抑えられる方法のようです。

お肉の大きさや厚さにもよりますが大体12時間くらいかかります。

冷凍庫から冷蔵庫に移しておくだけなのでとても楽ちん♪

夕飯として使いたいのなら、朝に冷蔵庫に移しておけば良さそうですね!

氷水で解凍する

冷蔵庫の解凍よりもっと短時間で・・・と思う人におすすめの方法です。

お肉をジップロックやビニール袋に移しできるだけ密封状態にします。

氷水に袋ごといれて、浮いてこないように重しなどをおきましょう。

もちろん袋の中に水が入らないようにはしてくださいね!!

氷はだんだん溶けていきますので、途中で様子を見ながら氷を足すことを忘れないでください。

時間は大体1時間くらいと冷蔵庫での解凍よりとても短くなります。

 

解凍に便利なグッズ

解凍プレートという便利なグッズがあるのはご存知でしたか!?

解凍したい食材をこのプレートに置いておくだけで通常よりも早い時間で解凍することができます♪

まとめ

いかがでしたか?

レンジでの失敗にはやはり理由があったのですね!

やはりひと手間かけることは大切なのだなとしみじみ思いました。

さて、今回のまとめです。

お肉がまずいと感じる理由
  • 解凍するときにドリップの中にうまみや栄養素、水分が逃げていたから
  • ドリップを抑える解凍方法を選ぶ必要がある
ドリップを出さないためのポイント
  • 解凍するときは急な温度変化を避けて時間をかける
  • 冷凍するときは急速冷凍をする
レンジで解凍するとき
  • 冷凍庫から出してすぐレンジにかける
  • クッキングペーパーを使って余分な水分をとる
  • 解凍機能と手動レンジを使い分ける
おすすめの解凍方法
  • 冷蔵庫で時間をかけて解凍することが一番!
  • 急ぎの場合は氷水での解凍もできる
解凍プレート
  • 解凍時間が短縮できる
  • ドリップ対策がされている
  • 食材を置くだけ!とても楽ちん!

冷凍技術や物流の発達もあり冷凍食材はとても身近なものになりましたよね。

お取り寄せグルメなども人気があり、自宅に居ながら各地の名産品などを食べられる素敵な時代です!

美味しい食材たちも解凍のしかた1つで味を台無しにしてしまうことがあるのですね。

さっそく我が家では頂いたお肉を美味しく解凍して食べようと思います!!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

この記事も読まれています

いいね!と思ったらシェアしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。