ムカデ・ヤスデ・ゲジゲジの違いって何⁈見分け方ってあるの?

冬って寒いけど冬眠している虫が多いので、虫に怯えなくていいところが好きなんですが、皆さんはどうですか?笑

私は本当に本当に虫が嫌いなんですが、自分を守るために相手を知ることから始めました。笑

きっと知っておくといつかは役に立ちそうな情報がたくさんありましたので、ぜひご覧ください!

今回ピックアップしたのは、足が多い虫シリーズです。

足が多い虫と聞くと何を思い浮かべますか?

まず出てくる足が多い虫の王者と言っても過言でない虫は『ムカデ』ですよね。

このムカデにそっくりな虫『ヤスデ』足が多いけどちょっと独特なフォルムの『ゲジゲジ』についてまとめてみました!

それでは見ていきましょう!

 

ムカデとは

見た目の通り『多足類』という種類です。
体長は6センチから20センチ前後で虫の中では中々な大物になります!

あー気持ち悪い!
できることなら人生1度も会わずに暮らしたい…と思いますよね。笑

 

私は一度祖父母の家に遊びに行った時、犬が急に激しく鳴き出したので、裸足のままスニーカーを履いたんですよね。

すると…

右足の爪先にだけヒンヤリとしたものを感じて「なんだこれ?」と1分くらい指先でモニュモニュしていました。笑

(今考えたらなんて恐ろしい事を…と後悔しています。)

でもやっぱり爪先のモニュモニュが気持ち悪くて、やっと確かめようと靴を脱ぎました。

そこにいたのは…あのムカデさん。しかも中々なビックサイズです。笑

すぐさま祖父にムカデを出してもらいましたが、それがトラウマでしばらくは靴を履く前は中を確認する様になりましたね。

だから私にとってはトラウマが出来た憎き虫なのです。笑

ムカデのうんちく!
ムカデって漢字では『百足』と書きますが、実際のところは30から50本しかないそうですよ!

3月から10月に活動していて、小型の昆虫やネズミ・コウモリなど小動物の肉を食べている事からこの見た目でかなり素早いんです!

ゴキブリも食べるそうなので、相当俊敏な動きができるんですね。

かな
足あり過ぎて歩きにくそうなイメージですが早いとは笑

ムカデは凶暴!

先程お話にありましたが、昆虫や小動物を食べるということは…

なんと!ムカデは狩をするんです。

特に大型のムカデは凶暴な性格を持っている事が多いので、人間にも噛み付いてきますよ!

ムカデは何かが触れると噛み付くという習性がありますので、安易に素手でピッとしようとするのは危険です。

(あの時私が噛まれなかったのは不幸中の幸いだったんですね。笑)

ムカデの顎はかなり強く、更に毒があるので噛まれるとめちゃくちゃ腫れるそうです。

 

かな
うわー。絶対嫌ですね。
友達が中学生の頃寝ている時に手を噛まれて、しばらく包帯グルグル巻きだったのを鮮明に覚えています。笑

寝ている間に触れてしまったのかしら…

 

ヤスデとは

ヤスデはムカデと同じ『多足類』になりますが、体長はムカデより少し小さめの2センチから4センチです。

5月から7月にかけてよく見かける虫になりますが、活動しているのはムカデと同じ3月から10月です。

食べ物は腐った落ち葉や木、キノコを食べるため狩りはしません。

なので、ムカデと比べるとおっとりさんですね。

ヤスデは臭い⁈

ヤスデは土の中で生活しているので、ムカデと比べると見る機会は少なめになります…

危険を感じた時に体から体液を出す習性があるそうで、それはそれは臭いんだとか

間違って踏んでしまった時に臭いなって思ったらヤスデかもしれませんね。

種類によってはその体液に触れてしまうと水ぶくれになったり炎症を起こしてしまうとの事ですが、日本にいるヤスデには毒はないとされているそうです。

ヤスデは益虫!
見た目から嫌われがちなヤスデさんですが、実は益虫とされています。

ヤスデは腐った落ち葉やキノコを食べては糞をしますがその糞には有機物が豊富で他の植物からすると栄養源になりありがたい存在なんですね。

 

ムカデとヤスデの違いは?

『ムカデ』と『ヤスデ』については何となく分かってきましたが、見た目で判断するにはどこを見たらいいでしょう?

体の厚み

写真を見ても『ムカデ』の方が平べったい印象で、『ヤスデ』が筒状になっていて厚みのある印象ですね。

かな
なんかムカデは危険生物感が漂っていて、ヤスデはミミズに小ちゃい足が生えちゃった感が否めません。笑

足の違い

これも見た感じですがムカデの方が足が長いですね!

そして、ムカデの足は左右に1対ずつあるのに対して、ヤスデは左右に2対ずつ足があります。

ツンツンした時の反応

これはヤスデに関してですが、ムカデと違いツンツンと棒でつついて見ると、クルンっと丸まるのが特徴です!

なんかダンゴムシみたいですよね。笑

間違えてムカデだった場合や、ヤスデの場合も体液にはあの有毒なシアンが含まれていますので絶対素手では触らないでくださいね!

ゲジゲジとは

 

View this post on Instagram

 

ゲジ神様や #ゲジゲジ#animal#japan

&Uさん(@rererehash)がシェアした投稿 –

通称ゲジゲジと呼ばれていますが、正式な名前は『ゲジ』だそうです。笑

私は生では見たことがないんですが、見た目の迫力はムカデより、ヤスデより遥かに上を行っていました。

足のインパクトが凄すぎて、正直他の情報は知りませんでしたが、実は噛むことがあるらしいです!

この見た目で噛むとか最悪じゃん!と思いますが、自ら噛みつきに来ることはないそうですよ。

(気持ち悪いですが)毒は持っているものの人体には影響がないらしいので、腫れたりする心配もいらないです!

基本的には落ち葉の下なんかに潜んでいて、体長は4センチ前後と意外と小さめサイズなんですが長い足などを含めると20センチにもなりますよ。

ムカデと同じく狩をして、ゴキブリやクモなどを捕食するそう。

なんとムカデやヤスデの多足類の中では最速なんですって!

なんか、勝手にですが…間の足を一本ずつ取った方がスムーズに足を動かせそうじゃないかな。って思ってしまうのは私だけでしょうか?笑

でもこの見た目で俊敏だなんて。

https://twitter.com/yz_nly/status/1070703415972384768?s=20

どうか私の前には現れないでいただきたいものです。

 

見分け方

ムカデとヤスデはよく似ていて見分けるのが難しそうではありますが『ゲジゲジ』は一目瞭然ですね。笑

足が異様に長い!触覚も長い!です。

一見どっちが頭か分からないレベルですね。

かな
毒は無いとはいえ、見た目的にはゲジゲジが1番嫌いです。

まとめ

  • ムカデは平らなボディ、6センチから20センチで動きが速い
  • ムカデは毒があり害虫とされている
  • ヤスデとゲジゲジは益虫とされている
  • ヤスデは筒状のボディ、2センチから4センチと小さめサイズで動きが遅い
  • ヤスデはツンツンするとダンゴムシのようにクルッとまるまる
  • ゲジゲジは足・触覚が異様に長く、他のムカデやヤスデより足の本数が少ない
  • ゲジゲジは多足類の中で最速!

虫の画像って不意に出てくると携帯を落としそうになるので、スクロールする時気をつけますよね。笑

あー、気持ち悪かったー!というのが正直な所ですがこれで多足類については見分けられるようになったので、ひとまず遭遇しても安心です。

例え益虫であっても、見た目から嫌われてしまう虫からしたら失礼しちゃうって感じですね。

これから遭遇した時は、自然のためにありがとうという気持ちも持ちたいと思います!笑

それでは、最後までご覧いただきましてありがとうございました。

この記事も読まれています

いいね!と思ったらシェアしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。