ハロウィンラッピング!かわいい袋を手作りしてお菓子を配ろう!

 Trick or Treat!

もうすぐハロウィンの季節ですね。

ハロウィンと言えば仮装をした子どもたちが「お菓子くれなきゃイタズラするぞ!」とやってきます。お菓子をそのまま「お菓子あげるから、いたずらしないでね」と渡すのもいいけれど、どうせならかわいくラッピングしたお菓子を渡して、子どもたちを驚かせましょう。

スーパーで購入したいつものお菓子もちょっとラッピングするだけで子どもの喜ぶハロウィン仕様になりますよ。

 

魔女の帽子のピック

ハロウィンと言えば魔女!

おしゃれな魔女の帽子を飾るだけでハロウィン感満載です。

用意するもの

  • ドーナツ型に切り抜いた画用紙
  • 三角に切った画用紙
  • 木製クリップ
  • 両面テープ

 

作り方

切った画用紙を木製クリップに両面テープで貼り付けるだけ!

リボンをつけたりレースを貼ってアレンジしてもすてきです。

 

ヴァンパイアラッピング

マントをつけてお菓子をヴァンパイアに大変身させちゃいましょう。

用意するもの

  • リボン
  • 折り紙
  • シール
  • はさみ

作り方

  1. 袋の口を2回折り、両側に切り込みを4㎝ずつ入れます。
  2. お菓子を入れて、切れた部分を内側に折り、襟を作ります。
  3. 切り口を裏側に折り、肩を作ります。
  4. 襟を開いて折り目にリボンを通します。
  5. 折り紙をシールで留めてマントを作ればヴァンパイアの出来上がり!

 

 

ジャックオランタンのテトラパック

折り紙で簡単に作れるテトラパックもオレンジの色画用紙とマスキングテープで飾ればジャックオランタン!

マスキングテープや折り紙の色を変えれば、ハロウィンだけでなく、クリスマスやバレンタインにも使えそうですね。

ハロウィンカボチャ

テトラポットは、折り紙のような正方形の紙を使って作る方法と封筒を利用して作る方法などがあります。どちらも簡単にかわいく作れ、覚えておくととても便利ですので、ご紹介しますね。

折り紙で作るテトラポット

用意するもの

  • 折り紙やワックスペーパーなど正方形の紙
  • のり(テープのりが便利
  • はさみ
  • マスキングテープやリボン、シールなど飾りになるもの

 

作り方

  1. 折り紙を半分に切って長方形にします。
  2. 中央に少しだけ折り目をつけ、つけた折り目の1㎝上に合わせて少しだけ折り目をつけ、のりで貼り、袋を作ります。
  3. ラッピングしたいものをいれます。
  4. テトラ型になるように袋の口を閉じ、1回折ります。
  5. 折ったところをマスキングテープやシールなど好きなもので止めます。

15㎝の折り紙で作ると7.5㎝程度のかわいいテトラパックが出来上がるので、飴やチョコレート、マシュマロなどちいさなお菓子を入れるのにぴったりです。

 

 

封筒で作るテトラポット

用意するもの

  • 定型封筒や透明などお好きな模様の長方形の袋
  • はさみ
  • 両面テープかのり
  • マスキングテープなど

作り方

  1. 封筒を5㎝ほど切り落とします。
  2. ラッピングしたいものを入れて、テトラ型になるように口を閉じます。
  3. マスキングテープなどで飾ります。

元々袋になっている封筒を利用する分、折り紙などで作るより簡単にできます。

 

 

スナックハンド

とっても簡単なスナックハンドは、ビニール手袋にスナックやお菓子を入れて手首のように見せるラッピングです。透明なビニール手袋や中に入れるお菓子でかわいくなったり少しリアルになったり。マキキュアやシールを貼ってアレンジしてもいいですね。

見た目よりたくさんお菓子が入るので、使用するビニール手袋は小さい方がいいかもしれません。

 

 

 

 

子どもと一緒にすぐできるお菓子ラッピング

 

クラフトの紙袋をアレンジ

シールを貼ったり、直接描いたり少しアレンジするだけでかわいい紙袋が出来上がります。

 

 

 

封筒に絵をかく

こちらもクラフトの紙袋と同様にジャックオランタンジャックスケリントンを書き込みます。子どもたちと一緒にお絵描きしても楽しいですね。

 

 

目をつける

ジャックオランタンなんて描けない!という方は、目玉シールを貼るのもおススメです。

目をつけるだけで、ハロウィン仕様になりますよ。

 

これなら、シールを貼るだけなので、まだ絵が描けない小さなお子様も一緒に楽しめますね。

手形をアレンジ

紙袋に手形を押して、目をつけたり帽子を書いたりするだけで蜘蛛やゴーストが出来上がり!もらったお友達もきっとびっくりしてくれるはず!

https://www.instagram.com/p/BaiWX_rAHOM/?utm_source=ig_web_copy_link

 




ラッピングしてみました!

実際に、家にある材料で2歳の子供と一緒にラッピングしてみました!

使ったものは

  • 長形3号の茶封筒(A4が三つ折りで入る封筒)
  • マスキングテープ
  • のり
  • 油性マジック
  • ぷるんと蒟蒻ゼリー3個

 

封筒を利用してテトラポットを作り、中にはちょうど手元にあったぷるんと蒟蒻ゼリーを3個入れてみました。

まだ、テトラポットには余裕があったので、5個くらいは入る気がします。飴やチョコレートなどをいれるには少し大きいかな?と感じたのと、もっと小さい方がコロンとしてかわいいと思うので、封筒を利用するなら長形4号(B5が三つ折りで入る封筒)がいいかもしれません。

マスキングテープで口を閉じて、2歳の子供に「おばけかく?」と聞くと、目と口を描いてくれました。

テトラポット型なので、絵を描く時に力が入らず、少し描きにくかったようです。小さな子と一緒にラッピングする時は、直接描き込むのではなく、目玉シールなどを貼るか、テトラポット型にせず、クラフトバッグや封筒に描いた方が楽しくできそうです。

所要時間はお絵かきも含めて5分ほどでできました。とっても簡単なので、幼稚園児でも一人で作れそうです。

 

 

 

まとめ

かわいく簡単にできるハロウィンラッピングをご紹介しました。

  • 目をつけるだけでハロウィン仕様に
  • 直接描き込んだり、シールを貼るだけでもかわいい
  • クラフトの紙袋やビニール手袋が大活躍

たくさん用意するのが大変、とか、不器用だけどできるかな?と思われている方もぜひ、挑戦してみてくださいね。お子さまと一緒にシールを貼ったり、絵を描いたり、ハロウィンを楽しみましょう。

この記事も読まれています

いいね!と思ったらシェアしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。