大根の賞味期限って一体いつまで⁈日持ちするレシピって何⁈

ママー!今日は大根サラダおつまみにビール飲みたいなー

じゃあ、私は大根の煮物ー‼︎

かな
いいわね〜☆

大根が一本あると、煮物やサラダにしたり、と色々な料理に使えてコスパもいいですよね!

大根って、一回の料理で一本使い切ることってありますか?

大家族なら一本使い切れますが、ほとんどのご家庭では一本使い切ることって、そうそうないですよね。

大根にも賞味期限があるのはご存知でしたか?

余った大根って、どうやって保存していますか?

保存方法によって、日持ちする日数が変わるんです!

これから、その方法をご紹介していきます‼︎

 

大根の賞味期限っていつ?

大根にも賞味期限があります。美味しいうちに食べたいですよね。

大根の賞味期限は季節の温度によっても変わってきます。

  • 暖かい時期

スーパーで買ってきた大根の場合、採れたての大根が店頭に並ぶことは、ほとんどないのです。

店頭に並ぶまで日数が経っている場合が多いので、1週間以内に食べた方がいいでしょう。

収穫したばかり、採れたての大根の場合は水分をたっぷり含んでいるので、常温でも、冷蔵庫でも、2週間から1ヶ月は持ちます。

  • 寒い時期

冬の寒い時期の大根は新聞紙で包んで常温で保存すると、賞味期限は1ヶ月くらい持ちます。

  • 冬に土の中に埋めた場合

冬ならではの保存方法です。もともとは、大根は土の中で育っていました。

冬の土の中は温度が一定に保たれているので、大根にとって保存に適した環境になります。

大根の葉を落としてから、土の中に埋めます。賞味期限は数ヶ月から半年近く、と長く持ちます。

  • 冷蔵保存

冬場の大根は冷蔵保存より常温保存が適していますが、夏場の大根は冷蔵保存がおすすめです。

大根は、湿気や暑さに弱いので、夏場の大根は冷蔵庫で保存した方が日持ちします。賞味期限は1週間から10日ほどを目安に食べ切りましょう。

  • 冷凍保存

まるごと一本、冷凍室で保存すると場所をとってしまうので、料理ごとにカットして、保存袋に入れて保存しましょう。

冷凍での賞味期限は1ヶ月を目安に食べましょう。

 

大根の保存方法

大根の保存は、葉付きの場合そのままにしておくと、しなしなになりやすいので、葉を切り落としてから保存しましょう。

カットしてから保存する場合

大根を一本買ってきて保存する時は、葉の部分、根元、真ん中の部分、大根の先の部分と4つに切り分けましょう。

大根の部位によって、味も食感も違うので、部位にあった料理方法がおすすめなので4つに切り分けます。

後は、それぞれキッチンペーパーに包んでポリ袋か、ジップロックなどの保存袋に入れて保存します。

 

キッチンペーパーが湿ってきたら取り替えましょう。

かな
袋にどの部位か書いておくとわかりやすいのでおすすめ‼︎

冷凍保存する場合

冷凍保存すると早く大根が煮えたり、時短になって、とってもおすすめです。

料理に合わせて、いちょう切りや短冊切りなど、お好みでカットします。

冷凍用の保存袋に入れて冷凍室で保存します。

冷凍室で保存する場合、1ヶ月を目安に食べましょう

すりおろして保存する場合

大根おろしにして保存したい場合、大根をすりおろした後、水気を切りましょう。

水気を切った大根をアルミカップや、製氷皿に入れて小分けに冷凍しておくと、たいへん便利です。

 

使う時は、冷凍室から取り出し、そのまま解凍して使えます。

冷凍保存と同じで1ヶ月を目安に食べましょう。

葉の保存方法

かな
大根の葉にはビタミンCや、ビタミンAなど栄養がたっぷり。身の方より栄養があるので捨てずに使いたいですね!

大根の葉をお湯で1分ほど湯がいて、水気を切って細かくカットして冷凍用の保存袋に入れて保存します。

大根の葉は、パスタや、味噌汁の具、色どりに使えるので使い勝手がいいですよ。




大根が腐るとどうなる?

大根が腐った状態って経験したことありますか?

私は大量の大根をドロドロになるまで腐らせた経験があります。

大根が腐ると信じられないぐらい刺激臭がして…息ができないくらい臭いんです!

処理する時がすごく大変で、処理した後も大根を置いていた場所がしばらく臭かったです。幸い外だったので助かりましたが(笑)

腐るまで放置することってあまりないと思いますが、大根が腐っているかどうか、食べない方がいいかの目安は次の通りです。

食べない方がいい場合
  • カビが生えてる
  • ニオイが臭い(酸っぱいような異臭)
  • ヌルヌルしてる
  • ブヨブヨしてる
  • 切った部分が茶色に変色してる
  • 葉が黄色になっている

大根の葉の先だけ黄色くなっていて身の方は傷んでいないような場合は葉の部分を切り取れば、美味しく食べられます。

しなびてるくらいなら加熱調理をすれば問題なく食べられます。

 

日持ちするレシピ

大根を使った作り置きできるレシピをご紹介します。

簡単に作れて、日持ちもするので作り置きにぴったりです。人気のサラダや煮物料理など、常備菜にピッタリなので、ぜひ一度作ってみてください。

大根冷凍レシピ

cookpad 大根の日持ち冷凍ワザ

材料

大根

大根おろし冷凍レシピ

cookpad便利!大根おろしを冷凍保存☆

材料

大根おろし

ラップ

大根の葉レシピ

cookpadご飯の友☆大根の葉(かぶの葉)の常備菜

材料

大根の葉(蕪や小松菜でもOK)

調味料(小さめ大根の場合)

砂糖 小さじ1

みりん 小さじ1

醤油 小さじ1

酒 小さじ1(あれば)

和風だしの素 少々

鰹節 ひとつかみ

ごま 小さじ1〜2

ごま油 無くても良いですがお好みで最後に加えても美味しいです

大量消費レシピ

cookpad大根大量消費★一年保存のはりはり漬け

材料

大根 皮を剥いたもの2kg

生姜 2〜3個

梅干し 3〜4個

砂糖 400g

醤油 2カップ(2合)

酢1カップ(1合)

あれば実山椒 少々

他にも、大根料理のレシピは沢山あります。アレンジ次第で、レシピは無限大!

上手に保存して、大根を無駄なく使いましょう。

 

まとめ

大根は使い勝手がいい野菜なので、大根が安い時にたくさん買って、保存して、賢く家計をやりくりできるといいですね。

まとめ
  • 大根の賞味期限は、暖かい時期は1週間、寒い時期は1ヶ月、土に埋めた場合は数ヶ月、冷蔵庫は1週間〜10日、冷凍は1ヶ月。
  • 大根が腐ると異臭やカビが生える。
  • 大根の保存方法は料理の種類によってカットすると使いやすい。
  • 冷凍保存すると時短になる。
  • すりおろして冷凍保存するとそのまま使える。
  • 大根の葉は栄養が豊富なので捨てずに料理しよう。
  • 日持ちするレシピは沢山ある。
これからは腐らすことがないようにね‼︎
かな
気をつけまーす。

この記事も読まれています

いいね!と思ったらシェアしてね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。